カードケースは薄型を使うべき3つの理由【レビュー】

おつかれさまです!筋トレサラリーマンりょうたです!

今日はスライドカードホルダーをレビューしていきます。

カードホルダーはミニマリズムを促進する人気アイテムです。

財布のカードを整理したいときにもおすすめです。
こんな人におすすめ

  • ・コスパ重視
  • ・カードケースを探している
  • ・ミニマリストになりたい
  • ・シンプリストになりたい

スライドカードホルダー

カードホルダーとしては低価格なので、簡易的かつシンプルなデザインが特徴です。

革ではないので味は出ませんがアルミニウム製なのでぞんざいに扱えるところがメリットです。

高い物を買うとキズなどが心配で使いづらくなるという神経質な性格には大きなメリットです。安いものには意識が向きづらいのでストレスが軽減する効果もあります。

10万円以上する靴を履くときは嫌でも足元に意識がいってしまうので。

①スキミング防止機能

RFID(英: radio frequency identifier)とは、ID情報を埋め込んだRFタグから、電磁界や電波などを用いた近距離(周波数帯によって数cm~数m)の無線通信によって情報をやりとりするもの、および技術全般を指す。

Wikipedia

カードホルダーには個人情報が詰まったカード類が入ります。そこで心配になるのが「セキュリティー面」です。

このカードホルダーにはクレジットカードやIDカード等の情報を不正に取得するスキミングを防止する機能が備わっています。

海外旅行のときでも犯罪被害から身を守れるので安心です。

日本でしか使わないカードも多かったり、盗難されてもいいように海外旅行用に財布を用意します。

②スライド機能

このカードホルダーにはスライド機能が搭載されています。やり方は右端のレバーを下ろすだけ。

レバーを1タッチでカードが飛び出す仕組みになっています。

財布から指でつまみ出す必要がなく1秒でカードを取り出せます。

カードが取りやすいように自動で段差ができるのがすごい。

③価格

価格は購入する場所によって2〜3倍の差があります。

amazonでは1000円、AliExpressでは200〜300円ほどで販売されています。

配送を優先するならamazon、価格を優先するならAliExpressと上手に使い分けるといいかもしれません。

まとめ

手荷物を減らすメリットはモノから解放されることです。頭や気分もスッキリして快適に過ごせるようになります。

財布に関しても「ブタ財布」を一掃すればお金や幸運を引き寄せる「貯まる財布」に変わること間違いなしです。

ぜひカードホルダーで快適なミニマルライフを!

それではおつかれさまでした!

サイズH63mm × W95mm × D10mm
重量45g
素材アルミニウム
収納枚数6枚
防止機能RFID/スキミング/磁気