【Dior】ソヴァージュ香水の付け方【メンズ会社員の場合】

おつかれさまです!筋トレサラリーマンりょうたです!

今日はDiorのソヴァージュをレビューしていきます。

香水の付け方についても、メンズ会社員の場合で簡単解説していきます。

モテる香水とも言われているのでメンズ必見です。
こんな人におすすめ

  • ・大人の香水を探している
  • ・メンズの香水を探している

Dior「SAUVAGE」

ソヴァージュとはフランス語で「野性的」を意味します。ワイルド、荒々しさ、気高さを指します。

SAUVAGEはDiorから10年ぶりのメンズフレグランスとして発売され、現在まで絶大な人気を誇っているシリーズです。

またジョニー・デップが公式モデルになっていることでも有名です。

三代目の登坂くんや吉沢亮も愛用しているそうです。

ラインナップ

種類パルファンテキストオードゥパルファンオードゥトワレテキ
持続時間5~12時間5~12時間2〜5時間
香りの深さ

SAUVAGEにはパルファン、オードゥパルファン、オードゥトワレの3種類がラインナップされています。

パルファンの方が持続時間も長いのでコスパは高いですが次の日まで匂いがつくのでデメリットになる場合もあります。

匂わせたい日だけにしたい場合はトワレがおすすめです。

おすすめのつけ方

  • ①香水を両手首に優しくなじませる
    香りの粒子が潰れないように優しくする。
  • ②お腹、首などにつける
    体温が高めで香水が揮発しやすい「おへそ」につける。
  • ③最後に肩から腕にかけてつける
    歩くときにほんのり匂わすためにつける。

香水は首付近につけるのが一般的とされています。

一方でオシャレ上級者はお腹あたりにつけるそうです。特に、おへそは体温が高く香水が揮発しやすいのでおすすめポイントです。

匂いが強いと感じたときは首ではなくお腹あたりにつけることで解決します。

まとめ

最近では空山基とのコラボなど、メディアへの露出も増やしているDior。

そんなDiorのSAUVAGEは知る人ぞ知る香水です。

自分用としても大切な人へのプレゼントとしてもおすすめの香水です。

内なる野生を解き放ち、ソヴァージュマンになりましょう!

それではおつかれさまでした!