【ブログ初心者向け】Googleアナリティクスの正しい使い方【簡単解説】

おつかれさまです!筋トレサラリーマンりょうたです!

今日はブログ初心者に教えたいグーグルアナリティクスの正しい使い方について。

これだけ見ておけば大丈夫というテーマでグーグルアナリティクス(GA)の使い方をご紹介していきます。

仕事でGAを使っているので、詳しく解説したいと思います。
こんな人におすすめ

  • ・趣味を探している
  • ・副業に興味がある
  • ・ブログに興味がある

①ページビュー

①ページビュー
[行動]>[サイト コンテンツ]>[すべてのページ]

GAのホーム画面を開いてください。ページビューやユーザー数などは画面左の「レポート」から見ることができます。

ブログを運営するうえで指標のひとつになるのがページビューです。ページビューとは「ページをユーザーが何回見たか」を表す指標です。

ページビューの少ない記事に関しては検索エンジンからの流入が弱いと考えられるので、キーワードの見直しや記事のボリュームを増やすなど改善していきましょう。ブログのページビューは検索エンジンからの流入に頼ることがほとんどです。

レポートのセカンダリディメンションで「参照元/メディア」で流入元を確認できます。例えば、「google / organic」はグーグル検索、「t.co / referral」はツイッター、「direct / (none)」はブックマークなどからの直接流入になります。ちなみに「referral」は紹介という意味合いに近く、外部サイトにリンクが貼られてる場合に発生します。

ページビューが多い記事に関してはリライトしてコンテンツの質を高めていきましょう。また、関連記事を作成して検索ユーザーの利便性も高めましょう。そうすることでサイトの回遊も増え、ブログ全体のページビュー増加が期待できます。

はじめはページビューだけ見ておけば問題ないです!

②クリック

②クリック
[行動]>[イベント]>[ページ]

ブログでは「ページビュー」だけを見るケースが多いですが、サイトを分析をするうえでは「どのリンクをユーザーがクリックしたか」も重要な指標になります。

リンクのクリックは「イベント」で確認できクリック数=イベント数です。イベントカテゴリ、イベントアクション、イベントラベルの3種類からデータを見ることができます。

GTMというグーグルのタグ管理サービスを使うことで、イベントのバリエーションを増やすことができます。イベントの概要からもデフォルトで見れるデータは限られていますがアフィリエイトリンクについては元々タグが入っていたりするので確認できることもあります。

レポートでは、セカンダリディメンションを追加することで、ページ単位でクリック数を確認できます。

イベントが多い記事に関しては関連記事を増やして検索ユーザーの利便性を高めましょう。一方で、イベントが少ない記事については、リンクの中身や位置を見直して改善していきましょう。

GTMの解説は別の機会にやります!

③ユーザーエクスプローラ

③ユーザーエクスプローラ
[ユーザー]>[ユーザーエクスプローラ]

GAの解説記事であまり見かけない「ユーザーエクスプローラ」というレポートです。

毎日見るものではないですがユーザーの動きを確認することができます。ユーザーに振られるクライアントIDごとに確認します。

時系列に沿ってユーザーがサイト上でどういった動きをしているのかを見れるので、よりリアルにブログの特徴や課題が見えてきます。

ただし、これだとレポートを見ていて「このページを見たユーザーの動きを見たいな」と思ったときにそのユーザーのクライアントIDが何なのかがわからない状態です。

これもGTMを使うことで解決できるので後日解説していこうと思います。今回については、初心者が手間をかけることなく「ユーザーの動き」を確認する方法をご紹介しました。

サイトを良くするには分析は欠かせません。

まとめ

初心者向けグーグルアナリティクスの使い方

  • ・ページビュー
  • [行動]>[サイト コンテンツ]>[すべてのページ]
  • ・クリック
  • [行動]>[イベント]>[ページ]
  • ・ユーザーエクスプローラ
  • [ユーザー]>[ユーザーエクスプローラ]

上記のレポートだけでも十分にサイトを分析できます。分析をするメリットはいろいろありますが、最初のうちはテーマを決める判断材料にもなります。

仮説に基づいてABテストをしたり、単純にページビューが多いジャンルの記事を増やすなどデータを見ないと判断できないことがたくさんあります。

分析を疎かにしていると、ページビューが少ないジャンルに労力を割いたり、せっかく多くのユーザーに見られているのに機会損失をしていたりします。つまり、損するのは自分自身です。

ブログのテーマが決まらなかったり、次にやるべきことがわからない場合はデータから課題を見つけてその課題に対する解決策をピックアップしてみましょう。というのも、基本的にブログの本質は「課題解決」にあるためです。

分析の目的は「次にやるべきことを明確にするため」です。

それではおつかれさまでした!