【GTM】ブログのリンククリックを抽出する方法【簡単解説】

おつかれさまです!筋トレサラリーマンりょうたです!

今日はクリックのデータを確認する方法をご紹介します。

Googleアナリティクスではデフォルトで「どのリンクがクリックされたか」が確認できない状態になっています。

Googleタグマネージャーというツールと連携します!
こんな人におすすめ

  • ・趣味を探している
  • ・副業に興味がある
  • ・ブログに興味がある

GTMの設定

[サマリー]>[新しいタグ]>[タグの設定]&[トリガー]

今回はGTMを登録済みという前提で進みます。新規登録の方法などは別の機会にご紹介します。

サマリーから新規でタグとトリガーを設定します。ざっくり説明すると、タグは「どういった項目で管理するか」といったガワの部分で、トリガーは「どういった条件か」を意味します。

[トリガーのタイプ]クリック – リンクのみ
妥当性をチェック
[タグの種類]ユニバーサルアナリティクス
[トラッキングタイプ]イベント
[カテゴリ]関連記事
[アクション]{{Page Path}}
[ラベル]{{Click URL}}
[非インタラクション ヒット]真
[Googleアナリティクス設定]このタグでオーバーライド設定を有効にする
[トラッキングID]UA-XXXXXXXXX-X
イベントカテゴリ管理しやすい名称
イベントアクションリンク元になったURL
イベントラベルクリックされたURL

自分は上記のようにタグを設定しています。

[これらすべての条件が true の場合にこのトリガーを有効化]Page URL>正規表現に一致
[このトリガーの発生場所]一部のリンククリック
[イベント発生時にこれらすべての条件が true の場合にこのトリガーを配信します]Click Element>CSSセレクタに一致する>.related__item a
[F12]を押すか右クリックで「検証」を開いてCSSセレクタを確認します。さきほどのイベントカテゴリ「関連記事」の設定でいくと、リスト構造になっている「related__item」配下のリンクをトリガーに設定します。

まとめ

Googleアナリティクスでは、デフォルトでクリックの実績が確認できません。なので、リンクごとにタグを設置するかGTMでタグを設定する必要が出てきます。

GTMのメリットはタグを一元管理できるので毎回HTMLを編集する手間がなくなったり、サイトの表示速度を低下させずに計測できる点です。

そこまで時間のかかる作業でもないので、関連記事やアフィリエイトのリンクなど自分が狙いをもっているリンクにはタグを設定してみてはどうでしょうか。

今後はGTMの登録方法もご紹介していこうと思います!

それではおつかれさまでした!