JINSがコスパ最高すぎて3種類も買ってしまった件

おつかれさまです!会社員ボディメイカーりょうたです!

今日はJINSの丸型メガネをレビューしていきます。

JINSはリーズナブルな眼鏡が多いので、何本か持って使い分けもしやすいです。

メガネ歴20年ですが最近はJINSに落ち着いています。
こんな人におすすめ

  • ・丸型メガネを探している
  • ・オシャレなメガネを探している
  • ・1万円台のメガネを探している

①クラシック/細縁/金色

商品名【JINS CLASSIC -All Titanium-】
オールチタン
品番MTF-16A-280
サイズW125.5×D149.0×H40.0mm
鼻パッドクリングスタイプ
フレーム素材フロント:メタル
テンプル:メタル

1つ目は細縁の丸型メガネになります。数年前からラウンドは定番のフレームになっています。

全身が金色で仕上げられているので、黒色と比較しても顔の印象が重くならないところもポイントです。価格についても1万円ちょっとなので、比較的安いメガネになっています。

①鼻パッド

鼻パッドは「金色」でコーティングされています。

一般的なメガネだと「透明」になっていることが多いので、いわゆるメガネ感が強く出ないのでおすすめです。

②ヒンジ

ヒンジは、繋ぎ目になるネジの部分です。ネジを軸にアーム全体が折りたたみます。

一般的な折りたたみ式ではなくクラシックさが漂うおすすめポイントです。

③アーム

アーム部分はかなり細めになっています。メリットとしては、もみあげに跡が残ったり、夏場などに汗でメガネが落ちづらいことです。

機能性だけでなくアームが細いとオシャレさも際立ってきます。

④軽量感

比較一般的なメガネ当メガネ
重さ35g12g

メガネの重さは、顔の疲労にもつながってきます。

仕事や勉強で下を向くことが多い場合におすすめです。平均的なメガネの重さを大きく下回っているので、顔が疲れやすいときにはチタン製のメガネを使い分けましょう。

②クラシック/太縁/黒色

商品名【CLASSIC CELLULOID – MADE IN JAPAN -】
品番MDF-18S-275
サイズW134.0×D149.0×H42.0mm
鼻パッドフレーム一体型
フレーム素材フロント:セル/プラスチック
テンプル:セル/プラスチック

2つ目は太縁の丸型メガネになります。こちらもクラシックさが出る個性的なフレームです。

価格は2万円弱ですが、国産セルロイドなのでリーズナブルすぎる価格帯になっています。しかも、クーポンを使えば1.5万円くらいで買えてしまいます。

顔の雰囲気をガラッと変えたい方におすすめです。

①重量感

細縁タイプとの大きな違いは重量感です。

もちろん、物理的な重さもそうですが顔の印象も重くなるのが大きな特徴です。細縁はトガりめのおしゃれですが、黒縁は落ち着いた大人のおしゃれといった印象を与えます。

②掛け心地

アームが太めなので「ずっしりとした掛け心地」になります。また、セルロイドによって肌に馴染む掛け心地が特徴です。しっかり顔にフィットするので仕事や勉強におすすめです。

③セルロイド

セルロイドの質感やツヤ感がメガネのおしゃれを際立たせます。かけていくうちに顔に馴染んでいくのがセルロイドの大きな特徴です。

まとめ

JINSの丸型メガネ

  • ①チタン
  • 価格:13,200円
  • ②セルロイド
  • 価格:19,800円

JINSでは安いと5000円台でメガネを買えたりします。毎日メガネをかける人にとっては、何本かストックしておくことで気分転換もしやすくなります。

創業から即日仕上げを売りにしているので、欲しいと思った日からかけられるのも便利です。

また、スピーディーに流行のフレームなども商品化してくれるので引き続きレビューしていこうと思います。

それではおつかれさまでした!