【肌荒れに効く】筋トレのメカニズムを美肌男子が簡単解説する

おつかれさまです!筋トレサラリーマンりょうたです!

今日は筋トレ肌荒れに効くメカニズムについて。

筋トレをしている人に美肌が多いと言われる理由を簡単解説していきます。

筋トレをしている自分自身も肌や髪のコンディションは好調です!
こんな人におすすめ

  • ・筋トレをしている
  • ・ダイエットをしている
  • ・細マッチョになりたい

①水の効果

水のメリット

  • ・デトックス効果
  • ・基礎代謝の向上
  • ・生活習慣病の予防

筋トレをしている人に美肌が多い理由のひとつが水。運動で水分を消費することで水を飲む機会が増えます。

筋トレやダイエットには食事8割・運動2割という言葉があります。運動以上に食事の管理が大切だったりもするので、いつも飲んでいるジュースが水に置き換わるようにもなります。

筋トレをすることでトレーニングと食生活の両場面で水を飲む量が増えます。メリットは水分が増えること・糖質が減ることです。水分が増えれば基礎代謝の向上、糖質が減れば生活習慣病の予防が期待できます。

糖質
1日に必要な糖質の量300g
ご飯(2杯)300g
コーラ(500ml)56g

糖質にも1日の目安量があります。普通に食事をしていても、ご飯を2杯食べるだけで1日の目安をオーバーしそうになります。

ここで、毎日飲んでいるジュースを水に変えれば、ご飯を2杯食べても目安はオーバーしません。ジュースに含まれている砂糖や塩はマイルドドラッグとも呼ばれています。

ジュースを飲むことで幸福感は増しますが、それも時間が経つと薄れていき、次は違うマイルドドラッグに手が伸びてしまう連鎖が生まれます。まさにドラッグのような依存性があります。

次では1日に何リットルの水を飲めばいいのか計算していきましょう!

【自動計算】1日に必要な水分量

自動計算

体重=

1日に必要な水分量= 2830 ml

計算結果からも、想像以上に多くの水分が必要だったかと思います。水分不足だと疲れが取りづらくなったり、むくみや病気の原因にもなるので注意しましょう。

ただ、計算結果の水分量には食べ物などに含まれる水分も含みます。飲み物だけの水分ではないので目安として参考にしてください。

筋トレをしている人であれば4リットルの水が必要とされているので、2リットルの水を2本飲むイメージでいるといいかっもしれません。

自分の場合は会社では1リットル、家では水と炭酸水で1リットル飲むのをルーティーンにしています!

②成長ホルモンの分泌

成長ホルモンのメリット

  • ・疲労回復
  • ・髪質の向上
  • ・免疫力の向上
  • ・生活習慣病の予防

筋トレをすると若返りホルモン=成長ホルモンが分泌されます。

成長ホルモンが多く分泌されると、肌や髪の新陳代謝が良くなります。肌が生まれ変わるターンオーバーが促進されるので多くの美容メリットが生まれます。

肌荒れや髪質に悩んでいる方はターンオーバーが乱れている可能性があるのでぜひ筋トレで成長ホルモンを増やしていってください。

自分の場合はボサボサの髪がストレートになったことが大きな変化でした。

まとめ

筋トレの美容効果

  • ・美肌効果
  • ・髪質の向上
  • ・太りにくくなる

筋トレをすることで水を飲むようになる、成長ホルモンが分泌されるという変化が生まれます。水・成長ホルモンは美容、健康に深く関わっています。

例えば、ボディーケアの一環として1日2リットルの水を飲む女性モデルも多くいらっしゃいます。

筋トレと比較しても水はすぐ始められるボディメイクなので、ぜひ今日から少しずつ始めてみてください。

あと、糖質も1日300gにおさえておきたいですね!

それではおつかれさまでした!