ブロッコリーの筋トレ効果がヤバすぎた【細マッチョが食べ続ける理由】

おつかれさまです!筋トレサラリーマンりょうたです!

今日はブロッコリーの筋トレ効果について。

ブロッコリーは「栄養の暴力」と呼べるくらいメリットが多いです。

筋トレ以外にもダイエット、美容のメリットがあります!
こんな人におすすめ

  • ・筋トレをしている
  • ・ダイエットをしている
  • ・細マッチョになりたい

ブロッコリー

ブロッコリーは栄養満点ですが、食べ方によっては効果をさらに最大化できます。

食べ方としては、火に当てると栄養が飛んでしまうので茹でて食べるのがおすすめです。

ブロッコリーを丸々1本買うのが面倒であればコンビニの小分けのものを買うのもいいかと思います。

自分は社員食堂のブロッコリーを必ず食べます。

①タンパク質

まず筋トレに欠かせないのがタンパク質。

ブロッコリーは100gあたり4.3gタンパク質を含んでいます。これは野菜の中でも頭ひとつ飛び抜けた保有量です。

豆類も高タンパク質なものが多いですがカロリーとのバランスを見るとブロッコリーがおすすめです。

野菜からタンパク質が取れるのでダイエットの強い味方でもあります。

②ビタミンB6

ビタミンB6食品

  • ・鶏肉
  • ・レバー
  • ・サケ
  • ・マグロ
  • ・カツオ
  • ・ニンニク
  • ・バナナ

筋肉の生成にはタンパク質以外にも必要な栄養素があります。それが「ビタミンB6」です。

いくらタンパク質を取ってもビタミンB6が不足すると筋肉を作ることができなくせっかくのタンパク質も無駄になってしまいます。

また、ビタミンB6が不足すると口内炎や貧血、脂肪肝の原因にもなります。筋トレに関わらず、ダイエットや美容にも欠かせない栄養素です。

プロテインを飲むだけでなく、栄養バランスが大切な理由がわかります。

③ビタミンB1

ビタミンB1食品

  • ・豚肉
  • ・レバー
  • ・玄米
  • ・枝豆
  • ・豆腐
  • ・ごま

ビタミンB1は「糖質をエネルギーに変える」栄養素です。

筋トレやランニングをする上でエネルギーの生成は欠かせません。

炭水化物を多めに食べる日はビタミンB1も意識して取ることをおすすめします。

「糖質は活動前にしか取らない」などルール化しておくと簡単かもしれません。
あわせて読みたい

おつかれさまです!筋トレサラリーマンりょうたです!今日は糖質制限のダイエット効果について。体脂肪率を4%落とした成功談と失敗談をご紹介していきます。ダイエット効果と筋トレ効果について簡単解説していきます。[…]

④ビタミンC

疲労回復にはビタミンCが必要です。1日の目安としては100mgくらいになってきます。

ブロッコリー100gにはビタミンCが100mg含まれているのでブロッコリーひとつで1日分のビタミンCを摂取できてしまいます。

一方でストレスの多い人ほどビタミンCの消費量が多い傾向にあるので毎日摂取したい栄養素のひとつです。

筋肉の超回復のためにはビタミンCの摂取も欠かせません。

⑤テストステロン

テストステロンとは、男性ホルモンの一種で筋肉の発達を促します。

精神的な面でも集中力やチャレンジ精神を作る効果があります。

対になるエストロゲンという女性ホルモンは筋肉の発達を抑えてしまうので気をつけましょう。

もはやブロッコリーは筋トレのために生まれてきた野菜とも言えます。

まとめ

ブロッコリーのメリット

  • ・タンパク質
  • ・ビタミンB6
  • ・ビタミンB1
  • ・ビタミンC
  • ・テストステロン

どれだけ筋トレを頑張っても、筋肉が脂肪で隠れていては意味がありません。

例えば、腹筋なんかは誰でも割れているところなので脂肪を落とすだけでくっきりと割れて見えます。糖質をおさえるだけで、お腹まわりはスッキリします。

また、ブロッコリーは食物繊維で満腹効果も得られるのでダイエットにもおすすめです。

同じ野菜を食べるならブロッコリーを選ぶことをおすすめします。

それではおつかれさまでした!