ブロッコリーの筋トレ効果がやばすぎる【細マッチョが食べ続ける理由】

おつかれさまです!筋トレミニマリストりょうたです!

今日は栄養効率の良いブロッコリーについて。

ブロッコリーは筋トレ食材としても人気で、「栄養の暴力」と呼びたいくらいメリットが多いです。

自分の場合はランチで必ず食べています。
こんな人におすすめ

  • ・筋トレをしている
  • ・ダイエットをしている
  • ・細マッチョを目指している

ブロッコリー

ブロッコリーは栄養満点ですが、食べ方によって効果を最大化できます。

基本的には、火にあてると栄養が飛んでしまうので茹でて食べるのをおすすめします。

ブロッコリー1本を買うのが面倒であれば、小パックのものをコンビニで買うのもいいかと思います。

自分の場合は、社員食堂でブロッコリーだけは死守してます。笑

①タンパク質

筋トレに欠かせないのがタンパク質。

ブロッコリーは、100gあたり4.3gもタンパク質を含んでいます。

これは野菜の中で頭ひとつ飛び抜けた保有量になります。

野菜からタンパク質をとれるのは貴重で、ダイエットの強い味方でもあります。

②ビタミンB6

実は、タンパク質だけ摂っていても筋肉はつきません。

ビタミンB6が不足すると、口内炎や貧血、脂肪肝の原因になります。

また、いくらタンパク質をとっても筋肉を作ることができません。

食べやすいものでは、レバー、マグロ、カツオ、サケ、鶏肉、ニンニク、バナナに含まれています!

③ビタミンB1

ビタミンB1は、糖質をエネルギーに変えてくれます。

筋トレをする上で、エネルギーの生成は欠かせません。

お米やラーメンをたくさん食べるときは、ビタミンB1も摂ることをおすすめします。

ただ、糖質の過剰摂取は危険がいっぱいなので、自分の体型に合わせて摂取量を調整するようにましょう!
あわせて読みたい

おつかれさまです!筋トレミニマリストりょうたです!今日は糖質制限をやってみた結果について。体脂肪率10%になった成功談と失敗談もご紹介していきます。糖質制限は、筋トレでは逆効果でした。こんな人におすす[…]

④ビタミンC

疲労回復には、1日の目安としてビタミンCが100mgほど必要とされています。

ブロッコリー(100g)には、ビタミンC(100mg)が含まれているので、ブロッコリーひとつで1日分を摂取できます。

また、ビタミンCはストレスの多い人ほど消費量が多いので、基本的には毎日摂取したい栄養素になります。

筋肉の超回復のためにはビタミンCの摂取も欠かせないということです!

⑤テストステロン

筋肉の発達を抑えてしまう女性ホルモン=エストロゲンの対になる男性ホルモンのことです。

テストステロンは、筋肉の発達を促してくれます。

精神的な面でも、集中力やチャレンジ精神を作る効果があります。

もはやブロッコリーは、筋トレのために生まれてきたような野菜とも言えます。

まとめ

ブロッコリーのメリット

  • ・タンパク質
  • ・ビタミンB6
  • ・ビタミンB1
  • ・ビタミンC
  • ・テストステロン

ブロッコリーを食べれば、食物繊維で満腹効果もあるのでダイエットにもおすすめです。

筋肉が脂肪で隠れていると、どれだけ筋トレを頑張っても成果が出てないように見えてしまいます。

腹筋でいえば、誰でも割れている部分なので、脂肪さえ落とせばバキバキに見せることも可能です。

ブロッコリーで筋トレの効果を最大化しつつ、ダイエットの一環として食べるのがおすすめです!

それではおつかれさまでした!