ガリガリから細マッチョになるにはコンプレックスを持つことから

おつかれさまです!筋トレサラリーマンりょうたです!

今日はガリガリ男子が細マッチョになったきっかけについて。

筋トレも、すべては自分のコンプレックスからでした。

ガリガリで馬鹿にされた過去、腹部に残った手術の傷など。

コンプレックスがなければ筋トレをすることも、細マッチョになることもなかったと思います。
こんな人におすすめ

  • ・ガリガリ男子
  • ・筋トレをしている
  • ・ダイエットをしている
  • ・細マッチョになりたい

筋トレのきっかけ=コンプレックス

筋トレをするきっかけになったのがコンプレックスの存在でした。筋トレに出会うまでは隠したく仕方がないものでした。

ですが、それが自分をここまで導いてくれた原動力だったと思いますし、細マッチョになれた今は感謝の気持ちでいっぱいです。

①「ガリガリ」と馬鹿にされた

ガリガリ男子なら誰しもが一度は馬鹿にされた経験があるかと思います。「ガリガリ」や「もやし」、「貧弱」なんでもいいです。

痩せている人は、太っている人よりイジりやすいのも起因しているのかもしれません。0と1の差は大きく、1あることは100あります。

何気ない一言だとしても、何年も積み重なると鋭さが増して傷が大きくなっていきます。

最終的には、「馬鹿にしてくる人間に」というよりは、「馬鹿にされる自分に」嫌気がさしてきました。そこが筋トレをするきっかけでした。

②一生消えない手術の傷

とにかく聞かん坊で、親の言うことを一切聞かなかった幼少期。それが災いして、急性虫垂炎を発症、腹部に手術の傷を負ってしまいました。

無数の真っ赤な線状の傷は、体育の着替えの時間やプールの時間を憂鬱にし、人前で裸になることに恐怖心を植えつけました。

小学6年生のとき、教室の隅で隠れるように着替えていると、遠くから見ていた友達に「腹筋割れてる!」と言われました。これがきっかけになり、「腹筋を割れば傷を消せる!」と筋トレに興味が湧くようになります。

コンプレックスは克服できる

結論としては、筋トレで体型コンプレックスを克服することができました。「ガリガリ」や「貧弱」と言われるなど、初対面でナメられやすいコンプレックスを克服できるのは、おそらく筋トレのみです。

自分の経験からも、ファッションでも体を大きく見せたりはできますが、結局はファッションの効果も体格で決まってきます。

なので、痩せてる・太ってる以外にも、顔の大きさやビジュアルのコンプレックスも筋トレで大きく改善できます。自分も顔が大きくて悩んでいますが、体格とのバランスを調整して克服できています。

手術の傷についても、腹筋6パックで隠すことができ、人前で堂々と着替えができるようになりました!

まとめ

筋トレでコンプレックス克服したもの

  • ・馬鹿にされた過去
  • ・手術の傷
  • ・人見知り
  • ・ネガティブ思考
  • ・三日坊主

2つ目までは、今回ご紹介したものです。

3つ目以降は、一般的に言われている通りのことです。人見知り、ネガティブ思考、三日坊主を自分が克服できたと言える根拠はこのブログの存在です。

もうすぐ1年経ちますが、2日に1記事を継続しています。筋トレを通じて、自分の良いところ・悪いところと向き合えたことで、今やるべきことをやりきれるようになりました。

最後になりますが見た目に関わるコンプレックスを克服するのに、筋トレは有効な手段のひとつだと断言できます。

これからも筋トレの発信も続けていくので、一緒に頑張っていきましょう!

それではおつかれさまでした!