ガリガリ体型コンプレックスの僕が筋トレで細マッチョになったきっかけ

おつかれさまです!筋トレミニマリストりょうたです!

今日は、ガリガリ男子が筋トレをして細マッチョになれたきっかけについて話していきたいと思います。

はじめに結論から言ってしまうと、すべては自分のコンプレックスからでした。

ガリガリで馬鹿にされた過去、稀なケースですが腹部に残って消えない手術の傷など。

すべてはコンプレックスを克服するためだったと今は思います。
こんな人におすすめ

  • ・ガリガリ男子
  • ・筋トレをしている
  • ・ダイエットをしている
  • ・細マッチョを目指している

筋トレのきっかけ=コンプレックス

コンプレックスを持つきっかけになった2つの事件が僕にはあります。

それが自分をここまで導いてくれた原動力になったと思い、細マッチョになれた今は感謝しています。

①「ガリガリ」と馬鹿にされた過去

ガリガリ男子なら誰しもが経験する嫌がらせ。

何気ない一言なんだろうけど、何年も積み重なると鋭さが増してダメージが大きくなっていく。

馬鹿にしてくる人間にというより、馬鹿にされる自分に嫌気がさしてくると、そこがターニングポイントかもしれない。

②一生消えない手術の傷

とにかく聞かん坊で、親の言うことを一切聞かなかった幼少期。

それが災いして、急性虫垂炎を発症、お腹に一生消えない手術の傷を残してしまう。

真っ赤な線状の傷は、体育の着替えの時間を憂鬱にし、人前で裸になるのを恐怖にしました。

筋トレでコンプレックスは克服できる

筋トレをした結果、「ガリガリ」と馬鹿にされた過去を克服することができました。

「ガリガリ」や「初対面でナメられやすい」というコンプレックスを克服できるのは、おそらく筋トレのみです。

手術の傷ですが、腹筋6パックで隠すことができ、人前での着替えも憂鬱に感じなくなりました。

生々しいので写真を公開するかは悩み中です。。。笑

まとめ

筋トレでコンプレックス克服したもの

  • ・「ガリガリ」と馬鹿にされた過去
  • ・お腹に残る手術の傷を腹筋6パックで隠す
  • ・人見知り、ネガティブ思考、三日坊主を180度ひっくり返す

2つ目までは、今回ご紹介したコンプレックスの出来事について。

最後のは出来事というよりも、自身の内面にあるコンプレックスの話です。

この場で人見知り、ネガティブ思考、三日坊主を克服できたと言える一番の証拠はこのブログの存在です。

半年間以上もブログを継続しているので、だらしなかった内面も克服されつつあると言えます。

最後になりますが、見た目に関わるコンプレックスを克服するのに筋トレは有効な手段のひとつです。

これからも筋トレの発信も続けていくので、一緒に頑張っていきましょう!

それではおつかれさまでした!