筋トレのデメリットが1つしか思い浮かばない件

おつかれさまです!筋トレサラリーマンりょうたです!

今日は筋トレのデメリットについて。

今月で筋トレ2年目に突入したので、これまでに感じた筋トレのデメリットをまとめていこうと思います。

と言っても、デメリットというデメリットはないのが悩ましい。泣
こんな人におすすめ

  • ・筋トレが続かない
  • ・ダイエットをしている
  • ・細マッチョになりたい

①馬鹿にされる

筋トレをすることで理想のカラダに段々と近づいてきます。なので、自分に対する周囲からの評価も少しは変わってきます。

ですが、周囲からの評価が全く異なるケースも出てきます。

経験談としても「意識高いな」「何を目指してるの?」と小馬鹿にされることも少なくありません。

筋トレに限らず、何かを頑張っているときに必ずついてくるノイズみたいなものなので、耳を傾ける必要はないと思っています。

頑張ってる人を笑う権利なんて誰にもねえ。誰が何と言おうと頑張ってる人はカッコいいよ。自信持て。他人の目なんて気にせず堂々と頑張れ。頑張ってる人を頑張ってない人が笑う。人類の歴史上ずっと繰り返されてきたこの滑稽な光景に呆れて笑いが出ちまうよ。頑張ってる人はカッコいい。異論は認めない

Testosterone

②お金がかかる

個人差はありますが、勉強でもスポーツでも質を高めようとすると、それなりのお金をかけることがほとんどだと思います。

筋トレではジムに通ったり、プロテインや筋トレ器具を買ったりするシーンも出てきます。ジムやプロテインはランニングコストになるので毎月1〜2万円の出費になります。

筋トレで得られるものと天秤にかければただの消費ではなく投資になることは間違いありません。

ちなみに僕はジムだけなので、筋トレにかかる費用は月6000円程度です!

③服が着れなくなる

筋トレの目的にもよりますが、筋肉の大きさによっては着れなくなる服が出てきます。

デザイン的な意味でも、筋肉がつくことで服に着せられなくなる=シンプルな服が似合うようになります。なので柄の入った服を着なくなることもあります。

ただ既製品が着れなくなるほど筋肉がつくのは稀なケースなので、細マッチョくらいまでなら問題ありません。

ただ、会社で着ているセーターが少しパツパツになってきたので少しデメリットを感じていまりもします。泣

まとめ

筋トレのデメリット

  • ・馬鹿にされる
  • ・お金がかかる
  • ・服が着れなくなる

本当にデメリットと言えるのは「馬鹿にされること」があることくらいでしょうか。ですが、筋トレをしている人やSNSなど、環境を選べば問題ありません。

ちょっと話が逸れますが何か目標を持ったときにSNSを始めてみるといいかもしれません。

同じ熱量、同じ志を持ったコミュニティーに入ることで、周囲のノイズもなくなってやりたいことに全力投球できます。

結論、筋トレのデメリットはほぼないと言えます。

それではおつかれさまでした!