はじめしゃちょーのかっこいい筋肉体質【細マッチョになる方法】

おつかれさまです!筋トレサラリーマンりょうたです!

今日は大人気YouTuberはじめしゃちょーの筋トレ方法について。

これまで、「もやし」の称号を持つほどガリガリだったはじめしゃちょー。

3〜4週間という短期間で細マッチョになったいうので、どんな筋トレや食事方法をしたのか気になりますよね。
こんな人におすすめ

  • ・筋トレをしている
  • ・ダイエットをしている
  • ・細マッチョになりたい

①炭水化物は朝に食べる

朝に炭水化物を取って、それ以降はタンパク質を中心に取っているそうです。

筋肉量が増えても、贅肉で筋肉が隠れていては意味がないので食事制限もしているそうです。実際に食べるものはプロテインバー、ササミ、サラダチキンとコンビニで買えるものがほとんどです。

また、プロテインにもこだわっているそうです。プロテインっぽさがなく、飲み続けられることに特化したDNS製プロテインを必ずトレーニング後30分以内に飲んでいるそうです。

はじめしゃちょうのように夕方以降に炭水化物を避けるだけでも無駄な贅肉を落とせるので、手取り早く筋肉を見せる近道になります。

②有酸素運動は筋トレ前にする

有酸素運動の順番

  • ・筋肥大:有酸素運動→筋トレ
  • ・脂肪燃焼:筋トレ→有酸素運動

目的によって、有酸素運動を先にやるか後にやるかが変わってきます。

はじめしゃちょーの場合は筋肉をつけることが目的なので「なわとび100回×3セット」を筋トレの前にしています。

時間がなくて有酸素運動ができなくてもストレッチなどの準備運動は筋トレ前にしておきましょう。

③回数ではなく時間を意識する

筋トレで負荷をかける指標として、15回を3セットやるなどといった回数制が代表的なものになっています。

ですが、はじめしゃちょーの筋トレでは回数ではなく時間をかけて負荷をかけるようにしています。例えば、バーベルは5秒かけて上げる、5秒かけて下げるを意識しています。

回数を全く意識していないのではなく自分の限界+2回を意識しています。ここで注意したいのが、1セットで数十回もできてしまうと負荷が足りずに効果がないので、ギリギリ8〜10回できる負荷にすることがポイントになります。

自分も「筋トレは回数じゃない理論」を実証してきたので、時間をかけることは間違いないと思います。

まとめ

はじめしゃちょーの筋トレ方法

  • ①炭水化物は朝に食べる
  • ②有酸素運動は筋トレ前にする
  • ③回数ではなく時間を意識する

以上の3つは「筋肉を見せる方法」と「筋肉を大きくする」に分かれると思っています。

「①炭水化物は朝に食べる」は、贅肉を落とすための食事管理法で筋肉を見せるのに役立ちます。お相撲さんがマッチョに見えないのは筋肉が脂肪で隠れているためです。筋トレで筋肉を大きくしても脂肪が乗っかっていては筋肉があるように見えないです。

「②有酸素運動は筋トレ前にする」と「③回数ではなく時間を意識する」は、筋肉を大きくするためのトレーニングです。実際に細マッチョになっているテクニック的な部分なので、ぜひ参考にさせてもらいたいところです。

はじめしゃちょーは努力の天才という異名が間違いないもので筋トレに関するマネジメント能力も一流でした。

ガリガリの悩みがある筋トレ男子は今後も要チェックです!

それではおつかれさまでした!