細マッチョの基準と定義三箇条について結論を出したい

おつかれさまです!筋トレミニマリストりょうたです!

今日は、細マッチョの基準と定義について。

細マッチョとガリガリの違いについて、今日も日本のどこかで議題にあがっているでしょう。

今日は、細マッチョの定義をまとめたいと思います。
こんな人におすすめ

  • ・筋トレをしている
  • ・ダイエットをしている
  • ・細マッチョを目指している

細マッチョの基準

細マッチョはこれといった基準が明確でないのが現状です。

上記の画像でいえばアスリート体型のことを細マッチョと言ったり、左上のガリガリを細マッチョと言ったりする人もいます。

ただ、あくまでツイッターで見た感じだと、前者は男性、後者は筋肉のことは詳しくない女性目線の発言に分類できます。

男性はカラダ全体を、女性は腹筋を中心に判断しているようにも思えます。

細マッチョの定義

①体脂肪率は15%以下
細マッチョと言える人の体脂肪率は、一般的に15%以下とされています。
トップアスリートや消防士の平均体脂肪が5〜8%前後のため、このくらいが適切といえるでしょう。
 
②腹筋が割れている
細いと思っていたのに服を脱いだら腹筋が割れている場合は、細マッチョの定義を満たしていることになります。
男性は体脂肪が少なければ自然に腹筋が割れてくるものですが、それはただの細身であって、細マッチョではありません。
 
③筋肉は服の上から分からない程度
腹筋だけではなく背筋や腕の筋肉が目立ってしまうと、細マッチョではなくゴリマッチョになってしまいます。
細マッチョの定義とは

クールな大人をテーマにするメディア、QOOLさんを参考にしていきたいと思います。

①体脂肪率は15%以下

“細”マッチョなので体脂肪率はできる限り低くしたいところ。

体脂肪率10%になったらクビになるEXILE、体脂肪率7%のクリスティアーノ・ロナウド、細マッチョは必ず体脂肪率15%を下回っています。

一般人であるなら多めに見て体脂肪率15%以下であれば、細マッチョの第一関門クリアと言っていいでしょう!

ただ、筋肉がなくても体脂肪率が一桁台になったりもするので、体脂肪率だけで細マッチョを語るには難しそうです。

②腹筋が割れている

男女問わず視線が集まりやすい腹筋。

腹筋がパキッと割れていれば、大半の人にはマッチョと認められるかと思います。

ただ、体脂肪を落とせば簡単に腹筋ができることもあるので、「ガリガリなだけ」と言われないよう注意が必要です。(体験談)

あくまで腹筋を割るのも細マッチョとしての最低条件、その後のトータルアプローチが大切!

③筋肉は服の上から分からない程度

いわゆるマッチョにはなくて、細マッチョにあるものは「細い芯」です。

では、細い芯の「細」とはそもそも何を指すのか?

それは「筋肉がないこと」です。

服を脱ぐまで筋肉があることを隠しきれる体型であれば「細マッチョ」と言えそうです。

まとめ

細マッチョの定義

  • ①体脂肪率は15%以下
  • ②腹筋が割れている
  • ③筋肉は服の上から分からない程度

これらをすべて満たせれば、細マッチョと言えるでしょう。

①の体脂肪率やBMIなど、定量的に細マッチョであることも大切です。

ですが、結局は見た目でどうであるかが大切で、③のように「脱ぐまで筋肉がわからない体型」という定性的な部分が細マッチョの最もたる定義かと思います。

細い芯=「筋肉がない」と思われながら生きるのが細マッチョになります。

それではおつかれさまでした!