筋トレ寝る前に牛乳もプラスした方がいい理由

おつかれさまです!筋トレミニマリストりょうたです!

今日は牛乳の筋トレ効果について。

牛乳に絶大的な筋トレ効果があるわけではありませんが、小さな心がけとしておすすめです。

毎日飲めるものなので、小さな積み重ねとして有効かと思います。
こんな人におすすめ

  • ・筋トレをしている
  • ・ダイエットをしている
  • ・細マッチョを目指している

寝る前に牛乳を飲む

今、分かっている中で、運動を行うすべての人におすすめなのが「寝る前に、コップ1杯の牛乳を飲む」こと。就寝中は、大人も子どもも成長ホルモンが分泌され、体の修復を行います。その前にタンパク質を摂ることで、筋肉の修復・増強ができます。

眠りの質高め、成長ホルモン分泌促進

寝る前に飲むことで牛乳の筋トレ効果を引き出すことができます。

9種類ある必須アミノ酸は食品からしか摂取できませんが、牛乳はコップ2杯分で1日に必要な量を摂取できます。

牛乳は卵に次いで必須アミノ酸の含有バランスが優れている食品です。

牛乳は飲むだけなので続けやすいメリットもあります!

アミノ酸スコア100

アミノ酸スコアとは、タンパク質の栄養価を示す指標です。

100に近い数値ほど高いとされていますが牛乳のアミノ酸スコアは100です。

なので、牛乳はタンパク質の吸収率が非常に高い筋トレドリンクとも言えます。

BCAA(筋肉の材料)

BCAAは、バリン、ロイシン、イソロイシンの3つのアミノ酸を総称する筋肉の材料のことです。

BCAAは筋肉を構成している必須アミノ酸の約35~40%を占めます。なのでBCAAを多く含むタンパク質が筋トレには欠かせません。

牛乳のタンパク質にはBCAAが多いので、無理せず美味しく飲める牛乳は筋トレとの相性が抜群です。

10年以上も毎朝牛乳を飲み続けています。

おすすめの種類

牛乳の種類

  • ・牛乳(成分無調整)
    生乳を殺菌したもの
    乳脂肪分3%以上、無脂乳固形分8%以上含むもの
  • ・低脂肪牛乳
    生乳の乳脂肪分を0.5~1.5%にしたもの
  • ・無脂肪牛乳
  • ・成分調整牛乳

牛乳は、上記の4種類に分類されます。

無調整と調整で1.5倍ほどのカロリー差があるので、目的に合わせて選ぶようしましょう。

筋肉をつけるなら「牛乳(成分無調整)」、ダイエットをするなら低カロリーの「低脂肪牛乳」がおすすめです。

食事前に飲むことで摂取カロリーを抑える効果もあるので、ボディメイクにはもってこいです!

まとめ

牛乳の飲み方

  • ・筋肉をつけるなら成分無調整牛乳
  • ・ダイエットをするなら低脂肪牛乳
  • ・朝に1杯、寝る前に1杯飲むこと。

もちろん牛乳だけ飲んでいればいいわけではありませんが、今の生活に牛乳をプラスすればさらに効果が期待できます。

牛乳ダイエットというものもあるくらいなので筋トレやダイエットといったボディメイクとの相性も抜群です。

小さな心がけではありますが寝る前の牛乳で筋肉の修復と増強を目指していきましょう。

それではおつかれさまでした!