【筋肉率計算】平均値・マッスルメモリーを簡単解説!

おつかれさまです!筋トレサラリーマンりょうたです!

今日は筋肉率を計算していきます。

筋トレやダイエットをしていれば「筋肉率」は知っておくべき指標なので、自動計算とセットで解説していきます。

筋肉率は平均以上をキープすれば安心です!
こんな人におすすめ

  • ・筋トレが続かない
  • ・ダイエットをしている
  • ・細マッチョになりたい

【自動計算】筋肉率

筋肉率

あなたの身長=cm
あなたの体重=kg

あなたの筋肉率= 46 %

平均筋肉率男性女性
20代44%39%
30代37%37%
40代34%33%
50代31%30%

自分の場合は「20代×筋肉率46%」なので平均以上の筋肉量になります。

男性の場合、筋肉量は20〜30代で急激に低下します。

今は平均以上の筋肉量があっても、何もしなければ加齢とともに筋肉量は減少します。なので、運動の習慣をつけるのは今からでも遅ありません。

基礎代謝の低下にもつながるので、筋肉量は落とさないに限ります。
あわせて読みたい

おつかれさまです!筋トレサラリーマンりょうたです!今日は筋肉量を計算していきます。女性が魅力を感じるメカニズムも踏まえて、モテる体型を解説していこうと思います。筋肉量も自動計算できるようになっているので参考にして[…]

マッスルメモリー

筋肉にはマッスルメモリーと言われるものがあります。一度筋肉をつけてしまえば、そう簡単に筋肉は落ちません。

厳密に言うと、マッスルメモリーは筋力の記憶を指します。しばらく休んで筋力が低下したとしても、トレーニングを再開すれば回復します。

ただし、あまりに休みすぎると筋力の次は筋肉が低下してしまうので注意が必要です?1ヶ月がボーダーラインとも言われているので、適度に運動してきましょう。

最悪トレーニングを頑張るのは最初だけでもいいわけです!

筋肉量が減ってしまう原因

ここまで筋肉量が減ってしまう原因が、加齢と運動不足によるものだと話してきました。

最後に油断できないのが栄養不足による筋肉量が減少することです。筋肉やトレーニングのために正しい栄養を届ける必要があります。

筋肥大にはタンパク質の摂取が欠かせませんがトレーニングのエネルギー補給には炭水化物の摂取も欠かせません。栄養が足りないとタンパク質をエネルギー源にしたり、筋肉が分解されてしまいます。

栄養管理という地味なタスクも筋トレには欠かせないものです。

まとめ

筋肉量が減ってしまう原因

  • ・加齢
  • ・運動不足
  • ・栄養不足

自分の筋肉量が平均くらいだと油断はできません。

20〜30代で筋肉量をピークに持っていかないとそれ以降で筋肉量を増やそうと思っても手遅れなことになります。

いつだって今が最速で最善です。自分の筋肉量を調べただけでも今日は一歩前進です。

とにかく続けなければ意味がないので、無理はせずマイペースにやることがおすすめです。

それではおつかれさまでした!