【筋トレ×酒】アルコールを1ヶ月やめた結果がやっぱり

おつかれさまです!筋トレサラリーマンりょうたです!

今日は筋トレで酒・アルコールをやめる効果について。

成人が筋トレをするときの課題として、アルコールとは上手く付き合っていかなければなりません。

面白いニュースも見つけたので併せて解説していきます。
こんな人におすすめ

  • ・筋トレをしている
  • ・ダイエットをしている
  • ・細マッチョになりたい

1ヶ月断酒した結果

海外の有名YouTuberが1ヶ月間お酒をやめたところ、身体に大きな変化が起きたようです。

お酒をやめるきっかけになったのは週5でジムに通い、食生活に気を遣っていたにも関わらず身体のパフォーマンスが良くなかったからだったと話します。

トレーニングを週5でやってもお酒が影響して結果が出ないというケースでもあります。ただし、お酒を全く飲んじゃいけないわけではありません。

次に、お酒のデメリットとアルコール許容量を解説していきます!

テストステロン減少

筋トレによってテストステロンという男性ホルモンが分泌されます。

テストステロンはタンパク質を合成して筋肉を作る働きがあるほか、集中力やチャレンジ精神促す効果もあります。

筋トレホルモンとも呼べるテストステロンはアルコールを摂取することで分泌量が低下してしまいます。また、テストステロンの分泌量は20代をピークに減少していくので注意しておきたいところです。

ストレスホルモン増加

過度な飲酒をすることでコルチゾールというストレスホルモンが分泌されます。

コルチゾールは筋肉を分解してしまう働きがあるので筋トレとの相性は最悪です。

また、コルチゾールが増えると基礎代謝が低下して脂肪が燃えにくい体質にもなります。いわゆる「ストレス太り」の原因のひとつになるものがコルチゾールです。

コルチゾールは筋肉を分解し、脂肪を増やすストレスホルモン!

食欲増加

もちろん飲酒と言っても、アルコールだけというよりは「おつまみや料理と一緒に」というケースのが多いかと思います。

残念なことに、おつまみやお酒に合う料理には糖分が多く含まれています。糖分はマイルドドラッグと呼ばれる依存性が高いものです。

お酒にも糖分は含まれているので糖分にアルコールが掛け合わされば筋トレ以前に健康的にも悪い影響を及ぼします。ただ、糖分もアルコールも許容量があるので、それを超過しなければ問題ありません。

自分の体重ごとにアルコールの許容量を確認していきましょう!

【自動計算】アルコール許容量

自動計算(アルコール許容量)

あなたの体重=kg

あなたの許容量= 32 g

※「t-nation.com」参照

ビールチューハイウイスキー日本酒ワイン
アルコール
度数
5%7%43%15%12%
アルコール
20g
1缶
500ml
1缶
350ml
ダブル1杯
60ml
1合
180ml
グラス1.5杯
180ml

自分のアルコール許容量はどうだったでしょうか。体重64gでアルコール30gなのでビール1.5缶飲めばオーバーしてしまいます。

飲み会などの付き合いの場では、アルコール量を減らすことがほぼ不可能なので水や氷を多めにしたり、ハイボールを飲むなど工夫していきましょう。

ちなみに、僕の場合は月1〜2回しかお酒を飲まないので、筋肉が比較的つきやすい体質なのかもしれません。ビール、赤ワイン、芋焼酎は必ず飲むので許容量を余裕でオーバーしていますが月に1〜2回しか飲まないので影響が少ないのだと思います。

月に1〜2回であれば僕ぐらいの量は飲めるはずです!

まとめ

お酒のデメリット

  • ・テストステロン減少
  • ・ストレスホルモン増加
  • ・食欲増加

お酒の習慣次第で週5のジムも、規則正しい食生活も無に帰することがあります。

対策としては「お酒の機会を減らす」か「お酒の量を減らす」です。飲むならハイボールや糖質が少ない焼酎を選ぶようしましょう。

筋トレに継続力とモチベーションが欠かせないので無理はせずに徐々に慣らしていくことが体質を変えるコツです。ストレスになっては筋トレ的にも健康的にも良くないので、ゆっくり自分のペースで改善していきましょう。

飲み会の最後に水を飲む習慣をつけるのもおすすめです!

それではおつかれさまでした!