裸で筋トレするのは健康的におすすめしない理由

おつかれさまです!会社員ボディメイカーりょうたです!

今日は裸でやる筋トレのメリット・デメリットについて。

海外のジムでは上半身裸のトレーニングがOKだったりするので、裸でのトレーニングも決して珍しいものではありません。

タレントの中川翔子さんも素っ裸でトレーニングされるそうです。笑
こんな人におすすめ

  • ・筋トレをしている
  • ・ダイエットをしている
  • ・細マッチョになりたい

メリット

裸筋トレのメリット

  • ・解放感
  • ・パンプチェック
  • ・筋肉の動きを確認しやすい

①解放感

まず裸の筋トレでメリットになるのが、服の締めつけから解放されることです。

夏場など暑くてやる気がなくなるときこそ服の束縛から解放することで、筋トレに集中できます。家トレで服のベタベタが気になるときにもおすすめです。

個人的にも、野生の本能というやつか衣類の束縛から解放されることでいつもの倍くらいパフォーマンスが高まります。

女性はもちろん、男性もカーテンを閉めるのを忘れないようにしましょう。

②パンプチェック

裸になることで筋肉の動きが見えるようになり、筋トレの効き具合をチェックしやすくなります。

ジムなどで鏡をよく見る人がいるのはパンプアップの確認をしているのが主な理由です。通説では鏡に映るのは2ヶ月後の姿とも言われています。

筋トレが続かないという人は鏡でチェックする習慣をつけるのがおすすめです。目の前にいるのは2ヶ月後の自分の姿なので筋トレのモチベーションを維持することができます。

③筋肉の動きを確認しやすい

最後のメリットは筋肉のどの部位が効いてるかを確認しながらトレーニングできることです。

ちょっとしたフォームのズレが怪我や鍛えたい部位とは違うところを鍛えてしまう原因にもなります。

なので鍛えてる部位を確認しやすいのは筋トレ効率の面でも大きなメリットと言えます。

デメリット

裸筋トレのデメリット

  • ・汗が垂れる
  • ・ケガをしやすくなる
  • ・免疫力が低下しやすくなる

①汗が垂れる

汗っかきの人は、床や器具に汗が垂れてしまうケースも考えられます。

だからと言って、汗が垂れないように筋トレの負荷を落としては本末転倒です。

汗を垂らさない対策として、なるべく裸に近いタンクトップやヨガマットなどを敷くのがおすすめです。

僕も家トレではヨガマットを敷いています。

②ケガをしやすくなる

あまり体温が下がった状態だと、筋肉がこわばってケガをしやすくなります。

また、筋トレ器具や床にカラダが接触したときもダイレクトに肌が負傷することになります。

一度ケガをしてしまうとしばらく筋トレできなくなるので気をつけたいところです。特に「腰」は危ないのでストレッチを忘れないようにしましょう。

③免疫力が低下しやすくなる

激しい運動をした2時間後は、免疫力が最低値まで低下します。

そこに裸のトレーニングが加わると、体温が下がってさらに免疫力が低下することになります。

自分の経験談としても翌日まるまる寝込むことになったので長時間裸でいないようにしましょう。そのときはトレーニング後、1時間くらいは裸でいました。

ただいま深夜に死んだ顔でパソコンを打っている状況です。汗

まとめ

裸筋トレの特徴

  • メリット
  • ・解放感
  • ・パンプチェック
  • ・筋肉の動きを確認しやすい
  • デメリット
  • ・汗が垂れる
  • ・ケガをしやすくなる
  • ・免疫力が低下しやすくなる

裸トレーニングも短時間でやるなら問題ないかと思います。

そもそも筋トレ後は免疫力が低下するので裸で長時間いることはリスクを高めるだけです。自分のように1時間以上裸でいることにないようにしてください。

長時間やらなければデメリットをほぼ回避できるのでお風呂前などにサクッとやるのがタイミング的にはおすすめです。

それではおつかれさまでした!