筋肉をつけるにはプッシュアップバーを絶対に買え【レビュー】

おつかれさまです!筋トレサラリーマンりょうたです!

今日はプッシュアップバーをレビューしていきます。

筋トレ初心者にはマストバイの筋トレアイテムになります。

自分は最近買ったばかりなので、もっとはやくに買っておけばと後悔してます。
こんな人におすすめ

  • ・筋トレをしている
  • ・ダイエットをしている
  • ・細マッチョになりたい
  • ・筋トレを効率的にしたい

ビフォーアフター

プッシュアップバーを使うことで、様々なメリットを受けられます。

主に家トレで使う筋トレ器具なので、ジムに通うか迷っている筋トレ初心者にとって入門編アイテムになるかと思います。

ただ、コロナウイルスによる家トレブームで在庫切れが増えているのでなるべくはやめにポチっちゃいましょう。

①手首の負担軽減

プッシュアップバーのメリットとして、手首の負担軽減があります。

素手の腕立てだと手首が直角になるので痛めやすく、ケガをする可能性もあります。また、痛みが理由で回数が減ってしまうのも勿体ないです。

手首にではなく鍛えたい部位に負荷をかけられるようにプッシュアップバーを使ってパフォーマンスを最大化していきましょう。

②可動域が広い

素手の腕立てでは体を床までしか落とせません。それだと、あまり筋肉に負荷がかからなかったりもします。

プッシュアップバーの大きなメリットは体を深く沈められることです。そうすることで可動域が広がって筋トレのパフォーマンスが向上します。

可動域については、腕立ての回数を増やしてもカバーできる部分ではないのでプッシュアップバーがあるかないかで成長スピードに違いが出てきます。

腕立てのレパートリーが増えるのもメリットです。

③手が汚れない

手が汚れないメリットについては、バイ菌から身を守る意識づけです。

というのも筋トレ後は免疫力が低下しやすいので抗菌対策も大切です。体調管理も立派な筋トレです。

手を洗う手間もはぶけるので、プッシュアップバーは腕立てが続けられるきっかけになるかもしれません。

S字プッシュアップバー

プッシュアップバーと言っても、様々な種類があって何を買えばいいか迷います。

自分が使っているのは人間工学に基づいたS型フレームのプッシュアップバーです。

また、重ねて収納ができるので省スペース・持ち運びもしやすいところが他のプッシュアップバーとの違いでもあります。

シンプルなデザインなので筋トレのモチベーション維持にもなってます。

まとめ

プッシュアップバーのメリット

  • ・手首の負担軽減
  • ・可動域が広い
  • ・手が汚れない

今までは、お金をかけないで筋トレをしてきました。プッシュアップバーの1000円すらも払うのも惜しんでいました。

ですが、結果的には不必要な部位にまで負荷をかけてしまったり、ケガのリスクを負ったり、筋トレの効率を下げたりしていることに気づきました。時間をかけて非効率な筋トレを続けていました。

無料でやることが必ずしも得ではないということを筋トレを通して学ぶことができました。高額のジムやプロテインを買えとは言いませんが、数千円程度の器具は買って損はしません。