腹筋6パックの作り方を解説【腹筋は誰でも割れている】

おつかれさまです!筋トレサラリーマンりょうたです!

今日は腹筋6パックの割り方について。

トレーニングで鍛えて最も魅力的にみえる部分が腹筋なのは間違いないかと思います。

お腹が引き締まると印象が一気に変わるので必ず鍛えておきたい部位のひとつです!
こんな人におすすめ

  • ・腹筋を割りたい
  • ・腹筋6パックを作りたい
  • ・細マッチョになりたい

腹筋はすでに割れている事実

まず筋肉の基礎知識からですが、誰でも腹筋は割れているものなのです。ただ、見ため的にも触っても腹筋が割れてないと感じるかと思います。

その大きな理由としては、割れていないのではなく皮下脂肪に隠れて見えていないためです。お相撲さんがマッチョに見えないのも脂肪で筋肉が隠れているためです。

腹筋をバキバキに見せたいなら筋トレで筋肉をつけることよりも体脂肪を落とすことにウェイトを置いた方が結果を出しやすいです。

体脂肪率14%の腹筋は?

食事制限=体脂肪10%がゴールだった学生時代。体脂肪を落とすことで手っ取り早く腹筋をバキバキに見せることはできました。

ですが本当の意味で腹筋が割れたとはまだ言えないレベルです。順番としては、体脂肪を落とす→筋肥大させるのがモチベーションも維持しやすくおすすめです。

いきなり筋肉を増やそうとするのではなく、痩せる→筋肉増やすの準備ですね!

腹筋が割れない原因:体脂肪で隠れている

食の断捨離

  • ・量:よく噛んで満腹中枢を刺激する
  • ・糖質:炭水化物を減らす/副菜を増やす

腹筋が割れて見えない最大の理由は、体脂肪が乗っかっているから。上記の「食の断捨離」を守るだけでも、体脂肪は落ちやすくなります。

体脂肪を落とすのには運動量と食事量を見直さなければなりません。

パッと思いつくのはランニングなどの有酸素運動ですが、運動量よりも食事量を見直した方が効率的です。例えば、70kgの男性が30分ランニングすると357kcalほど消費しますが裏を返せば357kcal分の食事をしなければ30分走らなくて済むことになります。

食習慣を見直さないと「運動をしてもプラマイゼロになるだけ」ということも往々にしてあります。

腹筋が割れない原因:腹筋の筋肉量が少ない

腹筋の筋肉量が少ないのなら、筋トレをして筋肉を肥大化させるのみです。

腰を痛めないように腹筋ローラーなどの筋トレ器具を使うことをおすすめします。経験談としても、腹筋ローラーやプッシュアップバーを買ってから効率良く鍛えられるようになりました。

もちろん、筋トレにお金をかけ過ぎるのはおすすめできませんがお金のかけなさ過ぎも時間と労力だけかかって効率が悪かったりもします。

筋トレ器具は、試験勉強で教材を買う感覚と同じです!

まとめ

腹筋6パックを割る方法

  • ・食事で体脂肪を落とす
  • ・運動で筋肉を肥大化させる

闇雲に腹筋を割るために腹筋トレーニングをしても、アプローチを間違えると成果が出にくいのが現実です。

腹筋を割りやすくする方法は決まっているので、それに従ってトレーニングするのみです。

食事8割・運動2割というダイエット理論もあるくらい、食事のパフォーマンスは運動のそれよりも効果が大きいです。

腹筋は「割る」より「見せる」というイメージが大切かと思います!

それではおつかれさまでした!