スーツ姿=イケメンの条件は「着る服」ではなく「着る体」だった

おつかれさまです!筋トレサラリーマンりょうたです!

今日はスーツ姿をイケメンにする筋トレの効果について。

元々ガリガリでスーツに着せられたのが悩みでしたが、筋トレをすることで克服できています。

スーツは「何を着るか」よりも「誰が着るか」です。
こんな人におすすめ

  • ・筋トレをしている
  • ・ダイエットをしている
  • ・細マッチョになりたい
  • ・シンプリストになりたい

スーツが似合う条件

スーツが似合う条件

  • ・肩幅
  • ・胸板
  • ・広背筋

スーツは欧米起源なので、日本人の体型に合わないことも少なくありません。スーツが似合わない主な原因が「肩幅・胸板・広背筋」の3つです。

アジア人の顔だから似合わないというよりも、肉体的に似合っていないケースがほとんどです。顔とは違って肉体であれば筋トレひとつで鍛え上げることが可能です。

しかも、「肩幅・胸板・広背筋」は自重でも鍛えられるのでジムに通う必要もありません。プッシュアップバーは1000円くらいで買えますし、懸垂のできる公園があればコスパ良く鍛えることができます。

次にスーツが似合って得たメリットを簡単解説していきます!

①自信をまとう

筋トレで小さな成功を積み重ねることで自信がついてきます。自信がつくことで自分を内側から変えられることができます。

自信がつくメリットとして、ネガティブで消極的な人よりもポジティブで積極的な人の方が成功しやすいとされています。物事を前向きに捉えることで、成長のスピードもはやくなるはずです。

また、自信に満ちた態度は周囲に良い影響を与えます。人を引きつけるオーラが身につくので人をリーディングできるようになります。

自信のある人=成功しやすい人!

②清潔感

モテる男の必須条件でもある清潔感。ですが、女性の求める清潔感が未だに何なのかハッキリしていないのが現状です。

ただスーツが似合う男性は清潔感があると認められる傾向にあります。スーツは清潔感があるかどうかの指標になると言えます。

サラリーマンであれば週5でスーツを着ます。仕事以外に冠婚葬祭の場面などスーツ姿の自分は多くの人に見られるので投資して磨いていく価値があります。

スーツが似合うだけで女性の求める清潔感が手に入ります!

③ビジネスが上手くいく

社会人の必須スキルとして「人に信頼されること」が第一にあります。なよなよした人とスーツをかっちり着た人がいるとすると、後者の方が仕事を任せたくなります。

一瞬一瞬が勝負のビジネスシーンでまず第一印象で良い印象を与えておくと後に大きなアドバンテージになります。

また、容姿が並レベル未満だと女性で4%、男性は13%収入が低くなるという調査結果もあります。外見よりも中身が大切なのはもちろんですが、結果的には外見によるインパクトも大きいのは間違いありません。

筋トレをしてない人からすると「筋トレ=努力できる人」のイメージだそうです!

まとめ

スーツが似合うメリット

  • ・自信がつく
  • ・清潔感が出る
  • ・ビジネスが上手くいく

スーツに関する筋トレのメリットは第一印象が変わることが大きいです。まず第一印象が勝負になる社会人であれば筋トレやダイエットなどのボディメイクは必ずしておきたいところです。

アジア人はスーツが似合わないと悲観することなく、鍛え上げた体であればアジア人でもスーツは似合います。例えば、日本代表選手のスーツ姿はビシッとしていてかっこいいですよね。

体型や姿勢などが変わるだけで周囲からの評価が変わるのを実感しています。毎日10分も使えばボディーメイクとしては十分なのでコスパも高いです。

スーツも着る人を選ぶのでスーツに着せられないよう、筋トレあるのみです!

それではおつかれさまでした!