【筋肉名言】筋トレが続かないときに覚えたい3つの言葉

おつかれさまです!筋トレサラリーマンりょうたです!

今日は筋トレ名言について。

自分が筋トレを1年続けるときに助けられた言葉を集めてみました。

言葉の力はプロテインを上回るほどの効果があります。
こんな人におすすめ

  • ・筋トレをしている
  • ・ダイエットをしている
  • ・細マッチョになりたい

①食事8割&運動2割

食事8割&運動2割

筋トレやダイエット界隈では有名な言葉です。数字自体に意味はなく「運動よりも食事を管理した方が効率的ですよ」という意味の言葉になります。

例えば、体重50kgで10km走ったとしても500kcalしか消費されません。一方、食事で500kcalなら簡単におさえられるかと思います。

食事をコントロールできれば運動をしてカロリーを消費する必要も多少はなくなります。食べて減らしてプラマイ0になるのだけは防ぎたいところです。

食事で贅肉を落としながら、運動で筋肉を大きくするといったサイクルが理想的です。

②クリスティアーノ・ロナウド

小さな積み重ねを「成長」と呼ぶんだ
苦しみのない栄光などない

世界最高のサッカー選手、クリスティアーノ・ロナウドの名言。今こそ細マッチョ界のカリスマ的存在ですが、元々は泣き虫のガリガリ少年でした。

クリロナのような一流選手でも、小さな積み重ねを大切にしていることに感銘を受けます。一流選手だからと言って特別なことばかりしているわけではないということです。

筋トレは効果が出づらく道半ば諦めそうになりますが継続なくして筋トレの成果は出ないということを再確認させられます。

ガリガリ男子だった僕にとってもクリロナは目指すべき人物のひとりです。

③テストステロン

やる気なんて筋肉にとってはどうでもいい。やる気ゼロで努力しても効果は同じ。やったらやっただけ前に進める。やる気ゼロのときに、黙々と前に進めるやつが勝つ。
やってればその気になってくる。やる気が湧いてくるのを待っていても、やる気は湧いてこない。脳科学的にも心理学的にも証明されている。

マッチョ界の親分的存在、テストステロンさんの名言。彼の名言は多くありますが、個人的におすすめしたいのが以上の2つです。

「やる気のない日に筋トレなんてできるわけない」と思っていましたが、この言葉と出会って変われました。ダラダラしてる時間でも、雨が降っていても、パパッとジムへ行けるようになっています。

やる気に関係なく、やった分だけ筋肉には結果が出てきます。結果が出る人と出ない人の違いは、トレーニングの方法やプロテインの種類よりも継続できるかできないかといった単純な差なのかもしれません。

継続せずに結果が出ることはまずないので、やっぱり継続するしか結果を出す方法はありません!

まとめ

筋トレの名言3選

  • 「食事8割&運動2割」
  • 「小さな積み重ねを「成長」と呼ぶんだ」
  • 「苦しみのない栄光などない」
  • 「やる気ゼロで努力しても効果は同じ」
  • 「やってればその気になってくる」

以上、僕が筋トレを1年続けることができた名言になりました。

プロテインを飲まなくても、筋トレの効果は最大化できます。言葉は自分を突き動かしてくれます。

筋トレの原動力になるような言葉と出会えれば今以上に筋トレの成果が出やすくなるのは間違いありません。

自分は「大きく考えて小さく動く」という言葉も座右の銘にしています!

それではおつかれさまでした!