【ユニクロ】新作ミニショルダーバッグは収納力120点!

おつかれさまです!筋トレサラリーマンりょうたです!

今日はユニクロの新作ミニショルダーバッグをレビューしていきます。

今もミニバッグブームが続いているので、この機会にデビューするのも遅くはありません。

今回の購入理由は買い替えになるので比較しながらレビューしていこうと思います。
こんな人におすすめ

  • ・部屋を整理整頓したい
  • ・ミニマリストになりたい
  • ・シンプリストになりたい

①コンパクト

サイズ感については、横15cm×高さ21cm×幅6.7cmとなっています。高さは「ペットボトル500ml」のフタがはみ出るくらいです。

ミニと言っても主観的なものなのでペットボトル1本入るかどうかのサイズをミニバッグとします。

iPhoneのPlusシリーズが16cm、長財布が19〜21cmほどなので必要最低限のものが入るコンパクトさになっています。

次は今回の目玉「収納力」についてです。

②収納力

このサイズのミニバッグであれば、UNIQLOでなくても購入できます。最も大きな決め手になったのが「収納力」です。

ポケットの数は前後に1つずつ、中央に2つあります。ミニバッグとしてはポケットが4つもあるタイプはあまり見かけません。

夏には飲み物やタオル、withコロナでは消毒タオルなど手荷物が増えてしまうシーズンに対応できるミニバッグになっています。

無印とZARAのミニバッグではポケットの数が足らずに困っていました。

③機能性

ポケットの多さだけではなく、ポケットの内側にも機能性がいくつか備わっています。

前面ポケットにはフックがあるので鍵などを引っ掛けるのに便利です。2番目のポケットにはミニポケットがあるのでティッシュのような形を崩したくないものを入れるのに便利です。

チャックとポケットだけの簡易的なミニバッグが多いですが3番目のポケットもメッシュになっているなど最低限の機能性がしっかり備わっています。

税込2000円としては十分な機能性です。

比較

UNIQLOZARA無印良品
商品名ミニショルダーバッグボディバッグ撥水サコッシュ
ポケット数421
カラー4色1色5色
税込価格約2,200円3,990円990円

ZARAはファッション性、無印良品は低価格といった特徴がありました。

両方のいいとこを取ったのがUNIQLOのミニバッグになります。

飲食物や電子機器が同じポケットに入っているとまずいのでポケットは最低2つ以上は欲しいところです。

まとめ

UNIQLOミニショルダーバッグ

  • ・コンパクト
  • ・収納力
  • ・機能性

自分の場合は通勤バッグとして購入したので、仕事グッズも入れてぴったりになっています。

街歩き用のバッグとしては少しオーバースペックかもしれません。

ただ小さくて荷物が入らないといったことは解消されていきます。

サコッシュでは足りないと感じる方におすすめのミニバッグです!

それではおつかれさまでした!