【ミニマル本】デザイン初心者がためになった本

おつかれさまです!筋トレミニマリストりょうたです!

今日は、本当に読んでよかったデザイン本のレビューをしていきます。

ブログやYouTubeなどでサムネを作る方、プレゼン資料を作る方におすすめです。

個人的に今年一番ためになった本です。
こんな人におすすめ

  • ・見やすい資料を作りたい
  • ・おしゃれの勉強をしている
  • ・サムネイル制作で悩んでいる

けっきょく、よはく。

『デザインは「余白」が9割。』というワードが飛び込んでくるデザイン本です。

デザイン初心者は、余白があるとそこに情報を詰め込みたくなるかと思います。

さみしい、勿体ないと言って余白を潰しがちですが、この本を読むことで余白を使うメリットを学ぶことができます。

デザインのチェックポイント

デザインのチェックポイント

  • ・狭い余白
    狭い余白は、窮屈さを与えます。
  • ・余分な枠
    なくても問題ない要素は、極力排除する。
  • ・罫線が濃い
    表などの罫線の色が濃いと、悪目立ちします。
  • ・色
    コントラスト・彩度が高いと重たい印象を与える。

まずは余白、色合い、ボーダーラインの有無でABテストしてみるといいでしょう。

特に、余白の与える効果が大きいので、次に余白についてご紹介していきます。

余白のメリット

余白はホワイトスペースとも言われ、おしゃれな企業が多いアメリカではよく使用されている技法です。

アップルの製品や資料では、余白のあるデザインが使われていて、気づかないところでユーザーを魅了しているのです。

ですが、日本では親しみやすさという理由で余白がないデザインの方が好まれる傾向にはあったりもします。

まとめ

余白のポイント

  • ・全体の余白をつくる
  • ・各要素の余白もつくる

上記の内容は、ほんの一部になります。

アップルをはじめ、最近では余白を使ったミニマルデザインが主流になっています。

見る人をウンと言わせたい!という方は、ぜひバイブルとして手元に置いてみてください!

それではおつかれさまでした!