普通の会社員がミニマリストになって感じたデメリット3選

おつかれさまです!筋トレサラリーマンりょうたです!

今日はミニマリストのデメリットについて。

こんな人におすすめ

  • ・部屋を整理整頓したい
  • ・ミニマリストになりたい
  • ・シンプリストになりたい

①物を捨てすぎてしまう

ミニマリストといえば断捨離。最初のうちは不要な物を捨てることから始まります。

ある程度まで捨てられたら、そこが自分にとって必要最低限のラインです。

ですが物を捨てることが目的になってしまい、後々買い足すことになるケースも少なくありません。

自分の場合は変換プラグを捨ててしまったことを後悔しています。

②物を買いづらくなる

断捨離を済ませることで、自分にとっての必要最低限ラインがわかります。すると、「それ以上モノが増えるのは悪」と考えてしまうこともあります。

「自分はミニマリストなのにモノを買い足していいのか?」と自己嫌悪にハマってしまうことも考えられます。

あくまでミニマリストは生活の質を高めるためのものであって、モノを減らすのが目的ではありません。

③人間関係が変わる

実際に人間関係が変わったわけではありませんが、変わりそうではあるなと思っています。

というのも、ミニマリストは社会的に浸透しきっていない概念です。そういう状況で大々的にアピールなどをすると宗教っぽさや胡散臭い印象を与えかねません。

もちろん、良い意味で人間関係が変わる側面もあれば悪い方向に作用してしまうことも考えられます。

他人に価値観を押しつけたりするのはミニマリストとして不適切でしょう!

まとめ

ミニマリストのデメリット3選

  • ・物を捨てすぎてしまう
  • ・物を買いづらくなる
  • ・人間関係が変わる

経験談からも、ミニマリストの本質を忘れて物を捨てすぎると、必要になったときに買い足すことになるので注意していきましょう。

物を買い足すときも、使う理由が明確になっていればミニマリストの本質からは逸れていないはずなので、無理せず買い足しましょう。

メリットも多いミニマリストですがあまり公言しすぎると「なんだこいつ」となりかねません。なので、SNSなどのミニマリスト的なコミュニティーで活動するのがいいかと思います。

意識高い感じなのが苦手であればシンプリストもおすすめです。

それではおつかれさまでした!