ミニマリスト一人暮らしは「減らす」よりも「小さくする」から

おつかれさまです!筋トレサラリーマンりょうたです!

今日はミニマリストな暮らし方について。

サラリーマン男子のちょっとした生活の工夫をご紹介していきます。

物を捨てられない人にまずやってみてほしいことをピックアップしました。
こんな人におすすめ

  • ・部屋を整理整頓したい
  • ・ミニマリストになりたい
  • ・シンプリストになりたい

「物は捨てなくていい」

ミニマリストと言えば断捨離、つまり物を捨てることが第一条件にあります。最小限な生活を突き詰めると物の数が減るのは必然です。

ただ、物を減らすことはあくまで手段のひとつです。物を捨てることが目的になってしまうとあとで買い足すことにもなったりして、無駄が生じることになりかねません。

最小限な生活は物を減らさなくとも物を小さくするだけでもいいわけです。今ある物は捨てられないという場合は「小さくする」ことから始めるのがおすすめです。

①ダストボックス

ダストボックスは生活必需品なので「持たない」という選択肢はないかと思います。外面は良いかもしれませんが、ごみ出しを毎日するのはかえって非効率です。

もちろん大きすぎてはミニマルさに欠けますし、小さすぎても手間がかかります。自分が普段出すごみの量を把握しながら大きさの最適点を見極めましょう。

ダストボックスの大きさについては「自分の生活に合ったサイズ」を選ぶといいですが、おすすめのタイプが縦型分別になります。ダストボックスが縦に積み上がっているのが特徴です。

なにかと上の空間は使われないことが多く床の面積には限りがあるのでなるべくデッドスペースを活用して広い空間を作りましょう。

炊飯器などが上に置けるのもメリットです。

②バスタオル

バスタオルほど無駄が多いものはないかもしれません。

結論として、男性であればハンドタオルくらいの大きさで済むはずです。そこで、おすすめしたいのがハンドタオルサイズのスポーツタオルです。

スポーツタオルのメリットとして速乾・軽量・消臭効果があります。どれもコットン素材のタオルでは実現しづらいものです。

バスタオルが大きいと乾きが悪い、臭いが残る、使わない部分があるなどのデメリットが生じます。

コンパクトなので洗濯物や収納の負担がなくなるのもスポーツタオルのメリットです。

③コードを結わく

電子機器についているコードも、時と場合によっては無駄が多いことがあります。

例えば、ドライヤーをしまうときはコードをまとめないといけない場合があります。ドライヤーを使う距離を決めておけばあらかじめ結っておくことでコードをまとめてしまう手間が省けます。

コード類はまとめる手間や手足に引っかかる原因になるので買ったらすぐに結わくことをおすすめします。

充電コードにはケーブルホルダーを使ってます。

まとめ

ミニマリストな暮らし方

  • ・縦型分別ダストボックス
  • ・バスタオル=スポーツタオル
  • ・コードを結わく

物を捨てられないけどミニマリストになりたい人は「減らすこと」よりも「小さくすること」から始めてみるといいかもしれません。

特にバスタオルは今日からでも始められるミニマルライフです。

スポーツ用の速乾タオルなら洗濯するときも収納するときもコンパクトなので本当におすすめです。

スポーツタオルをバスタオルにしてるミニマリストは見たことがないです。笑

それではおつかれさまでした!