ミニマリストの一人暮らし部屋リノベーション【片づけ最終日】

おつかれさまです!筋トレサラリーマンりょうたです!

今日はミニマリストになりたい会社員の片づけ最終日を公開していきます。

最終日は前回のフローリングDIYをやって終了です。

1~6日目はページの最後にまとめています。
こんな人におすすめ

  • ・部屋を整理整頓したい
  • ・ミニマリストになりたい
  • ・シンプリストになりたい

片づけ【最終日】

片づけたもの

  • ・布団
  • ・カーテン
  • ・収納ケース
  • ・ディスプレイ
  • ・ゲーム
  • ・洋服

これまで布団やカーテン、収納ケースなどを買い替えてきました。

また、ディスプレイやゲーム、洋服などの使用頻度が少ないものは断捨離してきました。

先日のフロアタイルを使ったプチDIYの続きをしていきます。床は面積が大きいのでビフォーアフター効果が凄まじいです。

①ビフォー

元々は茶色のフローリングでした。私物に黒色が多かったので少しミスマッチを感じていたところでした。

これからは部屋をモノトーンにするので床を白色にすることにしました。壁の色次第ですが壁が白色だとモノトーンにしやすいかと思います。

白色を選ぶことで床が明るくなって広く見える効果もあるのでモノトーン以外にもメリットがあります。

部屋が3色以上あると家具が揃えづらかったり、まとまりが悪くなったりします。

②アフター

床全面を白色にしたことで部屋の雰囲気が180度変わりました。

白と黒のモノトーンにしたので統一感のある部屋になりました。使う色は2色を意識するのがおすすめです。

写真からも床が明るくなると部屋が広くなるのは本当です。

部屋の印象は床で9割決まります。

③購入品

床に貼るフロアタイルだったので「70cm×70cm」で500円という低価格帯のものを購入できました。

ただし、接着面の跡が床に残ることもあるのであまりに安いフロアタイルは注意した方がいいかもしれません。自分は床が汚れないように、シールを剥がさずテープを使って床に貼りました。

少し値段は上がりますが床に置くだけのフロアタイルもあるので検討してみてください。

また、デザインは木目タイプを選びました。

理由はナチュラルな雰囲気が欲しかったためです。

木目はリラックス効果もあるのでおすすめです。

まとめ
ミニマリスト部屋の作り方

  • ・統一感を大切にする
  • ・フロアタイルを活用する
  • ・部屋で使うのは2色までにする

統一感を出すだけでも部屋のオシャレ度が格段に上がります。

賃貸でもフロアタイルを使えば部屋をいつでもイメチェンできます。

オシャレ部屋は統一感・床の色・使う色の数を気をつけるだけで完成します。上記では目安として2色までとしましたが、観葉植物なども置けば3〜4色になるのでバランスが大切になってくるかと思います。

まだまだ課題があるので今後も片づけ日記は更新していきます!

それではおつかれさまでした!