【ミニマリスト生活】男子会社員による一日の流れ【平日編】

おつかれさまです!筋トレサラリーマンりょうたです!

今日はミニマリスト生活について。

普通のサラリーマン男子が心がけているミニマリストポイントを公開していきたいと思います。

一人暮らしの参考にもなればと思います!
こんな人におすすめ

  • ・お金を貯めたい
  • ・ミニマリストになりたい
  • ・シンプリストになりたい

①朝の過ごし方

  • STEP1
    布団を畳む
    ベッドは部屋のスペースを取るので、畳んで置ける布団で寝ています。一方で、畳むと床に湿気が残っているので湿気対策も必要。
  • STEP2
    扇風機をつける
    布団の湿気対策として扇風機をつける。弱・首振り・オフタイマー1時間にして部屋を出る。
  • STEP3
    フルグラを牛乳で流し込む
    部屋を出たらフルグラを食べる。
  • STEP4
    リステリンをしながら洗顔をする
    フルグラが食べ終わったら、リステリンで口をゆすぎながら洗顔する。

扇風機のデメリットとして、シーズンを過ぎると収納しづらいところがあります。ですが、折りたたみ扇風機であれば省スペースで済みます。

朝食にフルグラを選ぶ理由は、買い足す手間を省くためです。パンだと消費期限も短く、1〜2日ペースで買い足さなきゃいけません。ですが、フルグラは1袋買えば5日は持つので買い物の手間が省けます。

歯磨き前にリステリンをする理由は食べかすが歯ブラシにつくのを防ぐためです。洗口液で下洗いしておくことで快適に歯磨きができます。

扇風機 折りたたみ 25cm
  • STEP5
    歯磨きしながら頭を濡らす
    洗顔が終わったらリステリンから歯磨きに移行。ここで寝癖も濡らしておいて、歯磨きが終わるまでに自然乾燥をさせておく。
  • STEP6
    ドライヤーで髪の毛をセットする
    歯磨きが終わると寝癖が乾いてきているのでドライヤーをする。
  • STEP7
    着替える
    家を出る直前に着替える。ここでポイントになるのが前日の夜に着る服を置いておくこと。
  • STEP8
    家を出る

朝の着替えについては、前日に服を選んで置いておくことで服を選ぶ時間を短縮でき次第ます。

起床から家を出るまで30分ほどです。朝の支度には1時間かかるとされているので、30分以内で済ませれば朝の時間を有効活用できるようになります。

服選びや荷作りは前日にやっておくのがポイントです!

②夜の過ごし方

  • STEP1
    翌日のゴミ捨てを済ませる
    朝にバタバタしなくて済むようにゴミ捨ても前日に済ませる。
  • STEP2
    自炊
    夜食については健康管理も含め自炊する。時間短縮のためにキッチンバサミを使って包丁・まな板を使わずに料理する。
  • STEP3
    お風呂に入りながら歯磨きする
    お風呂を出た瞬間にフリータイムに入れるように歯磨きも済ませておく。
  • STEP4
    フリータイム
  • STEP5
    寝る前に明日着る服を置いておく

朝の服選びと同じくゴミ捨ても前日にしておくのがおすすめです。

食事にかける時間短縮のためにキッチンバサミに加え、速乾洗剤のMagicaを使って食器も乾きやすくしています。

お風呂での歯磨きについてですが、浴室が温かいこともあって歯の汚れが落としやすいメリットもあります。ゆっくり湯船にも浸かれるのでリラックスできます。

服を選ぶ時間についても同じ時間でも朝と夜で体感的には驚くほど差があります。また、スーツは3着をローテーションすることで平日の洗濯は1回のみにしています。

まとめ

会社員のミニマリストポイント

  • ・リステリンをしながら洗顔をする
  • ・ゴミ捨てを前日の夜に済ませる
  • ・浴槽に浸かりながら歯磨きをする
  • ・寝る前に明日着る服を置いておく

お風呂に入りながら歯磨きをしたりするなど、同時にできることは同時進行するようにしています。そうすることで、作業ひとつ分の時間を浮かすことができます。

注意が必要なのは同時進行=マルチタスクをすることでどちらも中途半端な状態が続いてダラダラする場合もあります。

例えば、歯磨きをしながら掃除しても、どちらも上手く進まないのがイメージできると思います。そこの見極めは実際にマルチタスクをしてみるしか方法はありません。

シングルタスクとマルチタスクでやることを上手く使い分けると、今以上に時間を最小限にできるはずです。

それではおつかれさまでした!