マネーツリーで楽天銀行が未対応なので「マネーフォワードME」にしてみた結果

おつかれさまです!筋トレサラリーマンりょうたです!

今日は家計簿アプリ「マネーフォワードME」をレビューしていきます。

今までマネーツリーを3年以上使ってきましたが、楽天銀行がサービス対象外になったことで代替アプリに切り替えることにしました。

楽天経済圏のユーザーにとって、マネーツリーは使いづらいアプリになりました。
こんな人におすすめ

  • ・お金を貯めたい
  • ・ミニマリストになりたい
  • ・シンプリストになりたい

マネーフォワードME

登録者数1,000万
対応金融機関数2,600以上(業界No.1)

マネーフォワードMEの大きな特徴として、対応している金融機関の数が業界No.1であることです。家計簿アプリにおいてはインターネットでサービスが連携できることが大前提なので業界No.1の対応数は大きなメリットになります。マネーツリーで楽天銀行が非対応になったことで、マネーフォワードMEへ乗り換えた理由もここにあります。

一方で、マネーツリーと比較すると「無料プラン」で使いにくさを感じる点が多くなります。銀行口座やクレジットカードの登録数にも制限があったり、広告が表示されたりします。ただ、あくまで「無料プラン」の話なので「プレミアム(月額500円)」に変更すればデメリットは解消されます。

個人的にはマネーフォワードMEへ乗り換えた大きな要因は「楽天銀行に対応していること」と「グラフ表示」の2点です。

家計簿アプリマネーツリーマネーフォワードME
登録数(※無料プラン)制限なし10件
広告表示(※無料プラン)なしあり
グラフ表示

マネーツリーでも、収支や資産を一元管理できるのですが「前月と比べてどうなのか」や「今月の支出は年平均よりも多いのか」といった分析を軽くしたかったのでグラフ表示の機能がもっと使いやすくなればなと思っていました。

マネーフォワードMEでは、棒グラフや円グラフで項目ごとのデータを確認できます。項目ごとに棒グラフで「比較」、円グラフで「割合」を見れるのでどの項目が収支に大きく影響したかを前月と比較しながら来月の過ごし方を考えることもできます。また、友達との割り勘などのイレギュラーな支出などについては「計算対象」からオフにできます。

データだけ一覧で見ていても「こんだけ使ったんだ」までしかわからないので、家計簿に「グラフ表示」は欠かせないです。

まとめ

マネーフォワードのメリット

  • ・無料で利用できる
  • ・楽天銀行が対応している
  • ・グラフで家計簿を管理できる

無料プランでは「登録数」が10件という制限がありますが、使い勝手は人によって変わってくるかと思います。自分の場合はストレスなく使えています。

楽天経済圏でなければマネーツリーをおすすめしますが、マネーフォワードMEではグラフ表示がわかりやすいので使ってみる価値はあるかと思います。

今月の収支が多いか少ないかを確認するには、やはり比較がマストなので視覚的にわかりやすいグラフを使うか使わないかがやりくり上手の分かれ道になります。

マネーツリーと楽天銀行の再連携もひそかにお待ちしております!

それではおつかれさまでした!