サウナは痩せないし太る原因にもなる3つの理由

おつかれさまです!筋トレサラリーマンりょうたです!

今日はサウナで痩せない3つの理由について簡単解説していきます。

僕は「デトックス効果だ!」と思いながら、ぶっ倒れるまでサウナに長時間こもっていました。

興味本位で調べてみたところ「サウナで太る」という事実が発覚しました。泣
こんな人におすすめ

  • ・筋トレをしている
  • ・ダイエットをしている
  • ・細マッチョになりたい

サウナで太る3つの理由

サウナで太る3つの理由

  • ・食欲が増す
  • ・代謝が下がる
  • ・脂肪分解酵素が働かなくなる

サウナで痩せないどころか太ってしまう理由が以上の3つ。

ほとんどの人は「サウナは痩せるもの」と思っています。ですがサウナの現状はまったくの逆です。

筋トレもそうですが、常識とされていることが常識でないことが多々あります。サウナ歴は1〜2年ですが、自分がサウナの真相を知ったのはつい最近のことです。

サウナ中に健康そうに流れてる汗のメカニズムも含めて簡単解説していきます。

食欲が増す

サウナの後に食べる飯、通称「サウナ飯」。

基本的にサウナ後は多幸感に満ちているのでいつもより食事が美味しくなる効果があります。サウナ飯のためにサウナに入る人も多くいます。

言わずもがなですが「ドカ食い」は厳禁です。

まずは食べるよりも、ドリンクを飲むようにすれば栄養補給および食欲を抑えられます。サウナ後はミネラルが不足するので「麦茶」がおすすめです。

サウナ後は「ミネラル」と「ビタミンB」と「ビタミンC」を補給しましょう。

代謝が下がる

代謝にも「基礎代謝」と「新陳代謝」があります。簡単に説明すると、基礎代謝は「何もしなくても消費するエネルギー量」、新陳代謝は「細胞の生まれ変わり」です。細胞が生まれ変わるにはエネルギーが必要なので、周期が改善されればエネルギーを消費しやすくなることになります。

ただ、サウナで汗を流したからといって基礎代謝や新陳代謝が良くなるわけではないことは定説です。例えば、夏は冬よりも汗をかきますが、体温を下げようとするので基礎代謝は悪くなります。

サウナの温度はカラダにとって熱すぎる温度なので、カラダが危険を感じて代謝を落としてしまいます。

そうなると「じゃ、サウナで流れる汗は一体何なの?」という話ですが、結論は体温調節のために流れる汗になります。つまり、老廃物も脂肪も含まない「ただの汗」になるのでデトックス効果も期待できないのです。

滴り落ちる汗を見てニヤニヤしてた自分は一体なんだったのか!

脂肪分解酵素が働かなくなる

脂肪を分解する酵素に「リパーゼ」というものがあります。

このリパーゼはサウナぐらいの熱い温度になると十分に働かなくなってしまいます。

焼肉のように熱に当ててもカラダの脂は落ちないということがわかります。むしろ逆効果になることがわかります。

例えに少々無理がありました。笑

まとめ

サウナで太る3つの理由

  • ・食欲が増す
    サウナ飯が美味い。ドカ食いしがち。
  • ・代謝が下がる
    汗で代謝は良くならない。サウナで流れる汗は「ただの汗」。
  • ・脂肪分解酵素が働かなくなる
    サウナの熱すぎる温度で働きが悪くなる。

今回はサウナのデメリットだけをご紹介しました。なので「なんだよ!今までの時間は無駄だったのかよ!」と思われるかもしれませんが安心してください。

サウナを正しく使えばダイエット効果は得られます。残念ながらデトックス効果については、サウナではない方法で実践するしかありません。

ただし、あくまでダイエット的な観点でのデメリットなのでストレス解消や趣味としては最高の時間になるのは間違いありません。自分も、どちらかといえば趣味に近いかたちでサウナを利用するようにしています。

次回はサウナのメリットを解説していきます。

それではおつかれさまでした!