シンプリスト服選びの要点は3つだけ【簡単解説】

おつかれさまです!筋トレサラリーマンりょうたです!

今日はシンプリスト服の要点3つについて。

シンプルな服装は大人のオシャレには欠かせないファッションのひとつです。

シンプリストの服装がシンプルでなければ格好がつきません。
こんな人におすすめ

  • ・オシャレをしたい
  • ・ミニマリストになりたい
  • ・シンプリストになりたい

①使うのは1〜3色まで

細かい部分を除いて、使う色はトータルで1〜3色までにしましょう。3色以上使うと子供っぽく見えるのと、見る側もチカチカしてしまいます。

シンプリストは使う色もシンプルでなければ格好がつきません。ワンポイントならいいですが、面積が大きいところには色を入れすぎないようにしましょう。

どうしてもシンプルすぎる服装が嫌なときは同系色を2〜3色使うことで無難にオシャレができます。同系色なので3色使ってもカラフルにはなりません。

暖色か寒色かを統一するのもいいかと思います!

②ロゴはひとつまで

シンプリストが使うワンポイントもひとつまで。例えば、ハイブランドや流行りのロゴはひとつまでにするなど。

理由のひとつが統一感のないファッションになるため。オシャレなものをただ身につけていくのはシンプルとは言い難いでしょう。

コツとしては1コーデ1テーマを意識することで統一感も出てシンプルな服装になります。

ロゴ以外にもポケットの数なども多くないものがいいかもしれません。

③柄物は一箇所のみ

チェックやボーダーなどの柄物は、全身で一箇所のみ。例えば、チェックを着るときは柄なしのパンツや靴を選ぶといいかもしれません。

ひとつの服装にチェックやボーダーが混雑していると暑苦しい印象を与えます。シンプリストは使う柄もシンプルでなければなりません。

柄物を入れるとファッションのハードルは上がります。柄物を主役にしたいとき以外は柄物は選ばないのが無難です。

裏地チェックのチノパンなどは着こなすのがめちゃくちゃ難しいので危険です。

まとめ

シンプルファッションのコツ3選

  • ・使うのは1〜3色まで
  • ・ロゴはひとつまで
  • ・柄物は一箇所のみ

オシャレはなるべくシンプルに限ります。

というのも、色や柄を使いすぎるとオシャレのハードルがグーンっと上がります。

おさらいをすると使う色は2〜3色、ロゴはひとつ、柄物は一箇所までがシンプリストの要点になります。

シンプルでいれば「ダサい」と思われることはまずないです。

それではおつかれさまでした!