<写真あり>プロテインなしで筋トレを1年間やってみた結果

おつかれさまです!ボディメイクサラリーマンりょうたです!

今日はプロテインなしで筋トレした結果を公開していきます。

当初は「筋トレと言ったらプロテインだ」とトレーニングよりもプロテイン選びから始めようとしていました。

プロテインなしで筋肉がどれくらいつくのか参考にしていただければと思います。
こんな人におすすめ

  • ・筋トレが続かない
  • ・ダイエットをしている
  • ・細マッチョになりたい

プロテインなしで筋トレした結果

まず見た目については「そこそこ厚みのあるカラダ」になっています。

プロテインも飲んでいなければ、増量もしていなかったので筋肉が少し大きくなった感じです。

数字は以上の通りになっています。

体重も筋肉量も2kg増ほどの変化でした。見た目は大きく変わりましたが、数字的には大きく変化しなかった結果になりました。

ただし、プロテインは飲んでいなくともタンパク質を心がけた食生活をしてきたのでその結果は大いにあったと言えます。

次にプロテインを飲まないメリットをご紹介します。

プロテインなしのメリット

プロテインなしのメリット

  • ・筋トレの時間が増える
  • ・内臓疲労の軽減
  • ・筋トレに投資できる

プロテインもメリットばかりではありません。

プロテインのこと気にせず、筋トレを1年間やってみて感じたメリットをご紹介していきます。

①筋トレの時間が増える

プロテインは飲めば筋肉がつく魔法の飲み物ではありません。経験談からしても、BCAAやクレアチンといったプロテイン以外のサプリメントまでこだわり始めると、それなりに労力がかかってきます。

筋トレ初心者の場合、あまり準備的なところに時間を割くよりも、筋トレの時間を増やした方がモチベーションも落ちないのでおすすめです。プロテインはあくまで筋トレの補助に過ぎません。

なので、筋トレ初心者のうちはプロテインに時間をかけるよりも、本業に時間をかけて筋トレのイロハを覚えることが先決です。

しばしば「プロテインを飲んでるのに成果が出ない」という声も聞くので、筋トレに慣れてきてからでも遅くはありません。

②内臓疲労の軽減

プロテインでタンパク質を取れば取るほど、筋肉に必要な他の栄養素も必要になってきます。

タンパク質の過剰摂取は肝臓や腎臓への負担を大きくするので内臓疲労を引き起こしやすくします。

またプロテイン体臭というのも存在するので「プロテインの正しい飲み方」の勉強も必要です。

③筋トレに投資できる

一般的にプロテインの費用は月5000円〜1万円がボリュームゾーンとされています。筋トレ初心者であれば、この費用はジムや筋トレ器具の初期投資にまわすことができます。

あくまでプロテインは補助なので本業である筋トレのパフォーマンスを高めることから始めましょう。

目標によりますが、世間で言われる細マッチョまではプロテインなしでも十分なれます。もちろん、さきほどの僕のカラダまでなることも可能です。

【追記】プロテインを飲み始めたら筋肉量

僕はこれまで全くプロテインを飲んできませんでした。

2021年1月からプロテインデビューをしています。厳密に言うと、BCAAやマルトデキストリンの栄養補給もしています。

グラフで数字を見るとプロテインデビューから筋肉量が右肩上がりで増加しています。

ただし、ここで言いたいのはプロテイン=筋肉を増やすではなく栄養補給が大切ということです。

目標のタンパク質量
筋肉をつけたい場合は「(体重×2)g」のタンパク質を目安にする。

体重が60kgであればタンパク質を120g取らなければいけません。

日本人のタンパク質摂取量は現在65〜70gほどなので筋肉をつけたい場合には全然足りないことがわかりますね。

なので、改めてプロテイン=栄養補給が大切ということになります。固形物でタンパク質を取るのにも限界があるので「プロテイン」が効率的に摂取するのにおすすめとされているのです。

筋トレサプリの社会問題

先週、ある筋トレサプリメントが「効果を裏付けるデータを提示できず、景表法に違反した」というニュースが話題になりました。

名前は伏せますが有名芸能人を広告塔に起用するなど商品の広告宣伝にも信頼性がありました。実際にもネットのいたるとろこで広告を見かけたことがあります。有名芸能人が宣伝するしないで説得力や納得感に大きな違いがあることは確かです。

よくキャッチフレーズにもあるような「1日4粒飲めば体が引き締まる」みたいなサプリメントがあるのなら、自分も手を伸ばしてしまいます。

ただ、20年生きてきた自分でも、そんなサプリメントがあるならこの世に太った人なんかいないことくらいはわかります。

人間のカラダは食事や運動など複合的な要素で成り立っているものなのでサプリを飲んだからといって劇的にカラダが変わることは残念ながらありません。さらに、あくまでサプリは補助的なものなので数千〜数万円を払う価値が本当にあるかどうかも考える必要があります。

飲むプロテインの種類よりも「とにかく継続すること」が大切です。

まとめ

プロテインなしのメリット3選

  • ・筋トレの時間が増える
  • ・内臓疲労の軽減
  • ・筋トレに投資できる

僕のまわりでも「プロテインを飲んでも成果が出ない」と悩んでいる声をよく聞きます。このようにプロテインは「飲めば筋肉がつく飲み物」ではないことが改めてわかります。

それなりに知識をつけないとプロテインの効果も最大化できないので筋トレ初心者にはハードルが高いのも事実です。

元ガリガリの僕でもプロテインなしで筋肉はついたので筋トレにプロテインが必ず必要とは言い切らないです。

プロテインを飲むか悩んでいるのなら、その時間を筋トレする時間にまわしましょう!

それではおつかれさまでした!