【筋トレ】懸垂のみで腹筋6パックの細マッチョになれる

おつかれさまです!筋トレミニマリストりょうたです!

今日は、プルアップ=順手懸垂のメリットについて。

懸垂のみで上半身のほとんどをカバーすることができるので、プルアップも最強の自重トレーニングとも言えます。

腕のちからこぶ、腹筋6パックができたのも懸垂によるところが大きいです。
こんな人におすすめ

  • ・筋トレをしている
  • ・ダイエットをしている
  • ・細マッチョを目指している

ビフォーアフター公開

まず結論から言うと、懸垂の効果は半端じゃないです。

懸垂だけでここまで筋肉がついたと言っても過言じゃありません。

公園でもジムでも必ずやる自重トレーニングです。

個人差はありますが、写真のように腕がもっこりします!

やり方

やり方

  • ・肩幅以上かつ順手でバーをつかむ
  • ・胸を張る
  • ・体を持ち上げる
  • ・胸をバーに近づける
  • ・ゆっくり戻る
鍛えられるところ
・広背筋
・大円筋
・僧帽筋

メインは腕ではなく、背中まわりです。

間違った方法でやると、全然違うところに負荷がかかったり、腰を痛めたりします。

まずは胸をバーにくっつけるイメージでやってみてください。

次にプルアップのメリットをご紹介します!

①効率の良さ

懸垂で鍛えられるところ
・肩
・背中
・胸
・腹
・腕

懸垂ひとつで上半身を全体的にカバーできます。

器具を買わずに上半身を鍛え上げる、最短かつコスパの良い自重トレーニングです。

プルアップ=順手懸垂では、背中をメインに鍛える筋トレになります。

②調整力

手幅で負荷を調整できます。

手幅を広げるほど負荷がかかりやすくなります。

ぶら下がるのが難しいときは、鉄棒などを使って足をつけた斜め懸垂がおすすめです。

初心者であれば、斜め懸垂=インバーテッドロウから始めるといいかもしれません!

③コスパ

家や公園などぶら下がれるところがあれば簡単に始められるので、ジムに通う必要はありません。

また、ダンベルやプッシュアップバーを買い足す必要もありません。

プルアップは、無料かつ最強の自重トレーニングです。

個人的にはダンベルより懸垂の方が筋肉のつきが良いです!

まとめ

プルアップのデメリットのついては、手のひらに豆ができるくらいです。

ですが、自分の場合は豆はできたことがないので、特に心配はいらないかなと思います。

懸垂は両腕で全身を支えるトレーニングなので、背中などを痛めないように軽い準備運動から始めてやりましょう。

個人的には一番おすすめしたい自重トレーニングなので、ぜひ公園などでサクッとやってみてください!

それではおつかれさまでした!

あわせて読みたい

おつかれさまです!筋トレミニマリストりょうたです!今日は、チンアップ=逆手懸垂について。懸垂のみでも細マッチョになれるので、最強の自重トレーニングだと思っています。というのも、自分が懸垂をメインにやって急激に筋肉[…]